ベランダの紫陽花と朝顔、リシャール・コラス「遥かなる航跡」
2008年5月24日 土曜日 曇り

English Here

 少しゆっくりできた朝だった。
なんだか暗い朝で、雀たちもやってこない、

 二度寝して起きたら、大変~~~。ベランダの紫陽花がぐったりしている。
水が好きな紫陽花は水やりが重要だ。
花に比べて鉢が小さすぎるから、少し土を加えたのだが、それでは間に合わないのだな、、、
花が終わってすこししたら、来年用に大きな鉢に植え替えよう、、、、。

 朝顔の ツルが昨日から枯れたまま、、、、どうやら、
先週ツルの掃除をするときに根本を切ってしまったらしい、、、
可哀想~~~ごめんなさい。
宿根草の朝顔の鉢は4つくらいあって、水やりはチャンとしているのだが、
ツルが途中できれたのなら、だめかもしれない、、、、

 ピンポン〜〜頼んでおいたアマゾンの本が来た。
杉本秀太郎の「京都夢幻記」と、井上靖の未発表講演がCDになった新潮社の「利休が遺したもの」、
そして、今週火曜日に日仏会館で行われた講演会(後ほど書いておきます)の
リシャール・コラス(現、シャネルジャパン社長)の、集英社インターナショナルから出版された処女作
「遥かなる航跡」、

 今週末は、ゆっくりと少し読書をしようと思っていたのだが、今夜もまたおつきあいででかけねばならない。

さ〜〜時間だ、、、、、

a0031363_17321850.jpg
a0031363_17344735.jpg
a0031363_1734272.jpg
a0031363_17342611.jpg

  (カールツワイスのPlanar 50m F1.4のレンズをE−3につけて、マニュアルフォーカスで
絞り優先でF1.4から16までいろいろテスト)

(エキサイトがまたおかしくてアップできない〜〜〜帰ってからにしよう、、)
by pretty-bacchus | 2008-05-24 17:38 | ◐Nature空,海,夕陽,緑花,鳥蝶 | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://keico.exblog.jp/tb/7143096
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by uh_cafe_lu at 2008-05-24 21:34
いつも楽しませて頂いてます。
 アジサイ(一枚目)の輪郭がハッキリでて、いい感じのボケですね^^
う~ん、欲しい…
Commented by tt-hayashi at 2008-05-24 21:53
いつもコメントありがとうございます。
Planar 50m F1.4、明るい短焦点欲しいです・・・・
トップが開放でラストがF16ですか・・・・いいですね、このレンズ。
Commented by おばさま@北海道・大沼公園 at 2008-05-24 21:57 x
紫陽花は葉が大きいので蒸散作用が高いのでしょうね。
自分の身を守るために太陽に対しての葉の面積を小さくするのでしょう。
大地に植わっているのでも真っ昼間は葉がだらりとなっています。
撮影は何時も朝の内か雨上がりや雨にしています。
Commented by pretty-bacchus at 2008-05-24 23:43
uh_cafe_luさん、いつもどうもありがとうございます。
このボケはなかなかイイですね〜〜〜!良いレンズです。
Commented by pretty-bacchus at 2008-05-24 23:45
tt-hayasiさん、こちらこそいつもありがとうございます。
大昔のレンズを、今のデジタル一眼で使う楽しみなのですが、マニュアルなので、ときどきしか使っていませんのです、、、
Commented by pretty-bacchus at 2008-05-24 23:47
おばさま、こんばんわ。紫陽花が大地に植わっているのは、イイですね〜〜〜!
ベランダは鉢ですから、少し可哀想です、、、。
いつもありがとうございます。

Commented by おばさま@北海道・大沼公園 at 2008-05-25 06:56 x
鎌倉・円覚寺だったかな・・
地植えのカシワバアジサイが見事だった・・・・
でも鉢植えでも丹精の愛情は植物に伝わると思いますよ。
実家の南側はガラス張りサンルームになっていますがここは母の丹精の場所。
冬になると暖房だけでなく、夜間はアワーパックを掛けて保護してやっています。
Commented by pretty-bacchus at 2008-05-25 16:44
おばさま、そうですね。植物は人の愛と言葉がわかると、昔園芸の本に書いたことがありました。

お母様のサンルームすてきでしょうね〜〜〜。

私は、年間何度もの海外出張にもかかわらじ、部屋のなかで、300鉢ほどのセントポーリアを育てていたことがありました。
名前
URL
削除用パスワード


<< 黄昏時のブルーの花      写真展帰りにスナップ >>