緑の手を持つジャポネーズ
2008年5月22日 木曜日 晴れ

English Here

 お花屋さんの表に見事に初夏の花々の鉢が並んでいた。
立ち止まって鑑賞していたら、おじさんから声をかけられた。
「どしたの、、、、この頃あまりこないね、、、
“ごめんなさいね、おじさん、、ベランダのお花と借景の緑で愉しめるから、
お部屋の中はついつい節約なの、、、
「それに、贈り物の花も最近は無いね、、、、
“おじさん、それは、仕事をやめたし、若くないからお花を送ってくれる人も少なくなったわね、、、
「ベランダ用に良いのがあるよ、、、

こういうお花の勧誘にはめっぽう弱い私だから、お店の中に引き込まれた〜〜。
「ここわね、千代田区と新宿区の境でしょう、、、、。
このカシワデあじさいは橋を渡ると2,700円だが、うちじゃ1,900円。
こっちの青いのは1,500円だよ、、、

 “それはホントニ安いわね、、、、
そんなわけで、おじさんに二鉢をとどけてもらった。

ベランダに出て、古い鉢を隅におしやり、窓辺においたら、ひとっ飛びに華やかな初夏がきた。

 あ〜〜〜月下美人の蕾が、いくつも付いているじゃないの、、、
お〜〜〜君子蘭も大きな蕾をつけている、、、、
イイコタチネ、、、、嬉しいな〜〜〜。
少なくなった鉢の土の上にそ〜〜と土を足して、優しく水やりをする、、、
大きくなった借景のコナラの緑の枝での雀たちのおしゃべりオーケルトラが伴奏で、、、、
こんなベランダタイムはとってもなごみの一時なのだ。

 フランスでは、「私は緑の手をもっていない、というと、園芸とかお花がにがてのこと。
“敬子は大きな緑の手をもっているから、ベランダがいつもお花で一杯ね。
友人のジャクリーヌはいつも感心していた。
彼女が途中で投げ出してしまった鉢を私のベランダに持ってあがると、
数日で元気になって、命を長らえて、時には翌年も花をつけたから、驚くこと驚くこと、、、

 アパルトマンの一階がオランダ人の花屋さんで、日本と比べるととっても安かったから、
七階の部屋もベランダにもいつも沢山お花があった。
ベランダには観葉植物や、色とりどりの薔薇の鉢が陣取っていた。
切り花のチューリップやアネモネなどは、一束10本で数フラン、何百円かで買えたから
仕事の帰りにお花屋さんを覗くのが楽しくてしょうがなかった。

 店員のフランス人のゲイのダニエルは日本のイケバナを覚えたがっていた。
毎週末に生花を買うときに少しずつなんとなく日本のイケバナを教えた。
シン、ソエ、タイは、天地人で、、、とか、昔覚えた少しばかりの池坊を、、、、。
感性豊かな彼は、すぐに覚えて、フランスとはひと味違った花束を創ったから、
お客さんにとても喜ばれて、
“ブシコ・フルールには、緑の手を持つジャポネーズのアドバイスのお花があるのよ、、、、と、
遠くからも買いに来るようになったという。


 パリの家を処分して、期せずしてまもなく両目の手術をすることになり、
数年ぶりに出かけたパリで、すぐに走ったのは、このお花屋さん。

 「ダニエル エ モール。
背の高い主人が悲しそうに告げた。
彼は、その前の年にエイズであの世に旅立ったのだという、、、。

 花屋さんの前を通ると、いつもこの感性豊かだった、
私の華道のいっときの弟子?だったダニエルを思い出す。
今頃は、天国で、
“これはね、緑の手を持つケイコというジャポネーズから教えてもらったの、、、、
な〜んて、いいながら皆んなに花束を配っているのだろうか、、、、

a0031363_1389100.jpg  (青い紫陽花、、)
a0031363_1384864.jpg  (リラの花のような白い紫陽花は、カシワデあじさい。葉が柏の葉のようだから、、)
a0031363_139377.jpg  (君子蘭のつぼみが大きくなった)
a0031363_1401549.jpg  (手入れ不足なのに、毎年いくつも花をつける月下美人の蕾がいくつも、、)
a0031363_1411719.jpg
  (部屋の中から汚れたガラスを通して、夕陽をあびた紫陽花を、、、)
by pretty-bacchus | 2008-05-22 23:58 | ◐Nature空,海,夕陽,緑花,鳥蝶 | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://keico.exblog.jp/tb/7137639
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by おばさま@北海道・大沼公園 at 2008-05-23 05:56 x
ベランダにお花がたくさんあるのは楽しいですね。
カシワバアジサイはとても好きな花です。
花をついつい買い込んでベランダが狭くなってしまいますね。
でも心を和ませてくれるこのスペースをなくすることはできませんね。
育て上手は枯らすことが少ないから増えるばかり・・・
そうジャスミンのように大きくなりすぎてなかなか鉢替えもできなくなりますね。
素敵な写真で貴女のベランダにお招きを受けたようです。
Commented by kinu_c at 2008-05-23 19:05
こんばんは。
ご訪問ありがとうございました。
実は、私もyy2828yyさんのところから、
時折こっそりと飛んできていたのです。
幅広い知識・人脈・行動範囲などなど、
ため息を吐きながら拝見させていただいていました。

とても綺麗な青色の紫陽花ですね。
家の庭の貧弱なのは何色だったかなぁ。

これからもどうぞよろしくお願いします。
Commented by hiro-photo at 2008-05-23 19:36 x
こんばんは。
ベランダ栽培の割には、多くの花があるのですね。
まるで密林がそこに出来たみたいですよ。
花の好きな人は栽培のコツも分かっているので、毎年同じように花を咲かせる事が出来るのでしょうね。
Commented by uh_cafe_lu at 2008-05-23 21:40
いつも楽しませて頂いてます。
 もうアジサイの季節なんですねぇ。 もうすぐ梅雨ですか。
しとしと雨に濡れたアジサイ、なんともキレイです^^
Commented by pretty-bacchus at 2008-05-24 02:55
おばさま、いつもありがとうございます。
ほんとに、花をついつい買い込んでベランダが狭くなってしまい、今やジャングル化しています。
ベランダの両端にあるコノテカシワは25年前の引越祝いにいただいたものなのですが、まだ元気でいます。
そのころは借景のコナラはまだ二階あたりまでの高さだったのですが、今や三階の我が家よりも大きくなって緑の風を送ってくれてとても嬉しいのです。

Commented by pretty-bacchus at 2008-05-24 03:00
kinu_cさん、ようこそおいでいただきました。ありがとうございます。
そうですか、yy2828yyさんから時々飛んできてくださってらしたのですか。
ブログってこんなふうにご縁がご縁を生んで広がっていくのですね〜〜〜。WEB2.0時代の新しいお付きあいの一つなのかもしれませんね、、
どうぞよろしくお願いいたします。

Commented by pretty-bacchus at 2008-05-24 03:11
hiro-photoさん、こんばんわ。
ホントニもうどうしようもないほど散らかっていて密林のようになっていますが、都会の僅かなオアシスです。
ここ数年は借景の緑といっしょに目の保養、心の糧になっています。
いつも応援をありがとうございます。
Commented by pretty-bacchus at 2008-05-24 03:12
uh_cafe_luさん、こんばんわ。
いつもいらしてくださり感謝しています。
雨と紫陽花ってほんとによくあいますね〜〜^!

名前
URL
削除用パスワード


<< 巴里の花屋のダニエルの思いで      侘びしきは 黄昏れ時の ビルの灯よ >>