「水谷八重子ディナーショー、良重は歌うもう一度 ON BIRTHDAY」
2008年4月16日 水曜日 曇り

English Here 

 新派120年で、水谷八重子は燃えている。
代々の文化芸能を受け継ぐ重みをズッシリト担っているこの日本女性は、
ときには重圧に倒れそうになりながら、けなげに頑張っている。

『水谷八重子ディナーショー、良重は歌う もう一度 ON BIRTHDAY』が、今夜行われた。
13年ブリに唱った昨年の11月のディナーショーですっかり彼女は、ジャズ唱いたい病に陥っている。
a0031363_181042.jpg


 赤坂プリンス(グランドプリンスホテル赤坂)の別館の宴会場には、250人の老若男女が、
それも、そうそうたる方々が集まって、八重子さんの69歳のお誕生日を祝った。

 下見の時はガランとしていた宴会場は、大きな高い照明塔が後ろの左右にできていて、
前方も本格的な照明だ、さすがプロはすごい、
薄い薄いジョージェットが重厚な緞子の幕にも見えるのは美術の松村隆敏さん、
歌い手をキレイに照らすのは照明の北内隆志さんなど、八重子さんの仕事の人脈が光っているのだ。
メイクとヘアーは今回も資生堂の鎌田由美子さんがいらしていた。

 さらに、すごいのはお客様の方々、お医者様関係のテーブルの隣は、お坊さんのテーブルだったり、
音楽関係の方のテーブルとか、元総理大臣の奥様とか、女学校の同級生とか、その幅の広さに驚嘆した。

 ここ数ヶ月で9キロ痩せた八重子さんは、黒いスーツで現れてご挨拶と、お酒のサービスを、、、、
去年はシャトー・ドゥ・ピゼイのボージョレヌーヴォーの樽をあけたが、http://keico.exblog.jp/6464765、
「ボージョレヌーヴォーの樽を割って、水谷八重子、良重時代の懐メロを唄う夕べ」

今夜は、日本酒からできた発泡酒で、とてもオシャレに会はすすんだ。
18時半から20時までがお食事タイム。そのごショーが始まった。

 バンドメンバーは、前回と同じ皆さんで、増崎孝司さんのギター、パーカッションの中島オバヲさん
バスの浜崎賢太さん、そしてピアノ&キーボードの安部潤さんとそうそうたるメンバーで、
そのメンバーの音響を手がけていらっしゃるのは中村剛さん。
皆さん二度目なので、とっても和気藹々が感じられて、、、、八重子さんもリラックスしてらして、、、、

 まずは、ウエスターン・メドレーから始まった。
遙かなる山の呼び声,帰らざる河,駅馬車,北風,ハイヌーン,カラミティ・ジェーン,
デビー・クロケットの歌,ヘイ・グッド・ルッキン,ジャニー・ギター,愛しのクレメンタイン,
黄色いリボン,ローハイドジャンバラヤ、、、
この13曲を前田憲男さんの名アレンジで1曲に数えているのだから、すごい!

古いジャズから、新派のオリジナル「与之さん」まで、そしてライザのキャバレー
(なかにし・礼さんのオリジナルの歌詞)、大喝采を浴びた懐メロやジャズに加えて、
ロックには縁のなさそうな曲のMOON RIVER ,TONIGHT,I COULD HAVE DANCED ALL NIGHT,
HELLO DOLLY等をロックにして唱ったのは、69歳をロックにかけたとかで、寒いオジンギャクとご本人。
誕生日の年齢の語呂合わせでロックでのレパートリーが加わって、会場は沸いた。
“英語の発音もキレイだね〜〜〜。
“スゴイね〜〜今夜は!
“良重〜〜〜〜、と男性が立って叫んでいた。

 後半クラリネットの北村英治さんがいらしてご一緒に演奏なされて、拍手拍手!
(八重子さんより10歳の年上を言うことは79歳におなりになるのだ)

 6月の新派の出し物の、三島由紀夫の「鹿鳴館、の朝子のセリフをご披露したり、
お客様をさりげなく一緒に歌に引き入れたり、二十歳の頃の話をなつかしそうにしたり、
御世話になった方々のことを語ったり、そのトークも人々をぐいぐいと惹きつけるのは、さすがだ。
才能と芸に人生経験が重なって、イイオンナ花盛りだ!
“ジャズ&ロック、ア・ラ・新派 バイ 八重子”という新しいジャンルの感ありだった。
最後は、セ・フィニの曲で締めた。
すぐに入り口にお出になり、お客様をお送りする八重子さんは、お疲れも見せずに、
お客様と写真におさまってらした。

 内藤音楽事務所の若林会長が最初から最後まで、お料理も受付も裏方も何もかもしきられ、
演出の青井陽治先生が、最後まで後ろのスタッフ席で、うなずきながら拍手をおくっていらしたのが
とても印象に残った。

 二週間前に試食をして、いろいろ意見を申し上げてしまったお料理は、お味も盛りつけも見事に素敵に
改善されていて、皆さんご満足のご様子だった。
この人数に、暖かく美味しい状態でお料理を出す裏方の仕事の難しさを考えると、今夜は最高だったと思う。
http://keico.exblog.jp/6967716二週間前の試食の写真
久米総料理長さん本当にありがとうございました。

 こうして、八重子さんの誕生日は終わった。
すばらしいショーだった。
新派という日本伝統芸術を背負っている重責ととともに、一人の日本女性の生き様にも
感銘を受けた一日だった。
素敵な先輩を見習って、私ももう少し頑張らねばと、反省と希望の日ともなった。
八重子さん皆さんありがとうございました。

(D300とVR18-200が活躍した。銀塩の時代には絶対に出来なかったに違いない撮影だった。
暗くて明るい舞台だから、最初はISO800で数枚テスト、あとは最高3200まで上げて、
すべて立ったままでの手持ち撮影.。WBは結局オートにした。むずかしい!)
宴会場の一番後ろに立って望遠側の200では、所詮素人の私の腕ではこんなものだが、
これらの写真が、私の彼女への誕生日プレゼントだ!
(写真がすべてノートリミングの生のまま)

今日のこの日のこの時の、演じて歌う女と、撮る女の人生の記録だ、、、。
しかし、天から与えられた才能は「天は人の上に人をつくらず 人の下に人をつくらず」では決してない、、

(これから整理をするのだが、数枚アップしておこう)

a0031363_18203458.jpg
  (始まる前にお花の前で)
a0031363_1823341.jpg  (お客様のご挨拶と受けて、いよいよ始まり、、、)
a0031363_18252176.jpg  (お嬢様と写真に収まるのは十数年ぶり、と若林会長さん。先代八重子さんのお嬢様は、いまでもお嬢様!

この写真は完全に失敗。設定を間違えていたが、数秒しか時間がなかたので取り直しは出来なかった。

追記: レタッチで直せばよいのにというメールをいただいたが、承知の上で、このまま出したのです)
a0031363_182896.jpg  (食事も終わって、いよいよ音楽タイムが20時から始まった)
a0031363_18304917.jpg


a0031363_18314751.jpg


a0031363_1832422.jpg

a0031363_18342270.jpg

a0031363_1835058.jpg

a0031363_18371173.jpg
  (音楽の後奏が終わって現れた八重子さんは、衣装が白から赤に変わっていた。
ここでバンドメンバーの方々をユーモアを交ぜて見事に紹介なさった)
a0031363_18391554.jpg

a0031363_1845940.jpg

a0031363_1846462.jpg

a0031363_18465968.jpg  (舞台を降りて、席を回り始めて入り口に向かい始めたのは、、、)
a0031363_25472.jpg
  (北村英治さんのお出迎え、、)
a0031363_184842100.jpg
  (クラリネットの北村英治さんをお迎えして、喜び歌う八重子)
a0031363_1852389.jpg

a0031363_1915343.jpg

a0031363_18533985.jpg
  (セ・フィニを絶唱して、、、)

a0031363_18561580.jpg
  (お客様代表からのお花をいただいて喜び、もう一曲!)
a0031363_1858221.jpg

a0031363_1953240.jpg
(ロビーではお客様と記念社員が続く、、、)

by pretty-bacchus | 2008-04-16 23:59 | ♬Theaterオペラ演劇スポーツ | Trackback | Comments(12)
トラックバックURL : http://keico.exblog.jp/tb/7015656
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by itagaki-design at 2008-04-17 18:55
こんばんは♪
素晴しい、水谷さんのディナ-ショ-を楽しまれたようですね!
バックバンド、お名前を拝見し、びっくり!!!大御所、勢ぞろいですね。
Commented by eldora_dora at 2008-04-17 21:49
こんばんはぁー!
んーーーー生ライブの撮影・・・難しいでしょうねぇーー!
>今日のこの日のこの時の、演じて歌う女と、撮る女の人生の記録だ、、、。
しかし、天から与えられた才能は「天は人の上に人をつくらず 人の下に人をつくらず」では決してない、、

ん~、、、なるほど・・・
Commented by momoe at 2008-04-17 22:11 x
敬子サマ.............
感動で涙に濡れております。
八重子さん、とってもお痩せになられて、ビッッッッックリです!!
お年を召されてからあまり絞りすぎるのは、歳が出る。と
ご自身のブログでも書かれてましたけど
とんでもないっっっ......めっちゃキュートでお美しいですねっ!!
敬子さんのおかげで、嗚呼...胸がズキドキ...しております(笑)。
昨夜の夢、お裾分け下さいましてありがとうございました。

新生活、慌ただしくそして楽しく暮らしています。
敬子さんもどうぞどうぞ、お体ご自愛下さいネ!
それからまた、セルフポートレートも載せてくださいネ♪
Commented by Photobra at 2008-04-18 00:48
D300の高感度は好感度でしょ!w
Commented by mezase238 at 2008-04-18 15:20
このBlogを拝見しただけで自分もライブに出席したように思えました。
感謝です。
そして大迫力、良いですね。
Commented by F at 2008-04-18 16:57 x
東京ではないし高いし、いけないが、こうして実況をしてもらってみることができた。ありがとう。
Commented by pretty-bacchus at 2008-04-18 17:30
itagakiさん、バックバンドもすごい方々ですね。若い方と、八重子さんはピッタリとあってました、すごいですね、、
Commented by pretty-bacchus at 2008-04-18 17:31
eldoraさん、事前に,設定をphotobraさんに聞いておけば良かったのに、と後悔先に立たずですが、なんとかカメラのおかけで、記録は残すことが出来ました。
Commented by pretty-bacchus at 2008-04-18 17:33
momoeさん、新生活でがんばってらっしゃいますね。ブログは時々拝見していますよ。
貴女がいらしているかな、、、って、キョロキョロしましたが、今回はいらっしゃらなかったようですね。
写真は、そうぞ、八重子ブログにお使い下さい。サイズもちょうど良いと思います。

Commented by pretty-bacchus at 2008-04-18 17:34
photobraさん、事前の設定のアドヴァイスをいただけばよかったと公開しています。

Commented by pretty-bacchus at 2008-04-18 17:34
mezzaseさん、こんばんわ。
ライヴに出席していたようだとおっしゃっていただいて、とても嬉しいです! ありがとうございました。
Commented by pretty-bacchus at 2008-04-18 17:35
Fsan、ご覧下さってありがとうございました。
名前
URL
削除用パスワード


<< 八重子誕生日のディナーショー      「志村ふくみ展ー裂と遊ぶー」 >>