冬の薔薇 孤高を我と 謳歌して
2007年12月14日 金曜日 晴れのち曇

English Here

 少し眠ろうと思って寝入った頃に、遠くで電話の音がきこえた。
青山さんが、朝から動いて下さったようだ。
とるものもとらずに、家を飛び出した。

 スタジオ>プロラボ>ヒデ>そして
菊池さんの新しいオフィスに突然訪問、予定に入っていなかったのに、次々と構想が組まれて
最後は日仏会館の吉田さんともお話が出来て、どんどん話が決まり進行していく、、、
次々に机の上に積まれてゆくシャンパーニュ・アルデンヌ地方のフランス語の参考文献、
フランスの詳細は地図、取材時の記録、、、、え〜これから全てを読み直して記事を書くの、、?
私の頭は久しぶりにものすごい勢いで回転して、さらに構想が膨らんでいく。

血がたぎるように細胞が活発に繁殖しているような感じ、、、、
退けない状況を、どこかで冷静に見つめている自分と、あきらめているもう一人の自分がいて、、、
これは右脳と左脳の、別の働きなのだろうか、、、、
そして、どこかで自虐的な自分が、微笑んでいる、、、、
ランスのカテドラルの女神のアルカイックな微笑みのごとく、、、

 朝の予定なき予定が、あたかまお既に何日も前に組まれていたごとくに、次々と
こなして、
夕方に一時帰宅 、、、、
玄関脇の冬の薔薇が、今年も一輪だけ凛と咲いていて、どこか高貴の寂しさを放っていた。

a0031363_14553779.jpg

a0031363_14555974.jpg

 突然の雨雲に輝く夕陽を追って、屋上に駆け上がったのは、今日のこの日の最後の太陽!
日は明日昇ることがわかっていても、今日この時の思いを込めて、沈み逝く夕陽に手をあわせて
感謝の一日としたい。

 夜は、薫さんと、遅くまで、仕事をする日本女性の大変さや、食やワインの話で、
ゆっくりとした気持ちで時をすごした。
第一線で頑張っている,歳若い女性との食事は、刺激になってとても嬉しい、、、
女二人がおしゃべりの花が咲いているのを、優しく見守ってくれる料理人達に感謝、そして
カウンターの中のシェフに感謝感謝のキスを送りたい、、、!

 明日は土曜日なのだ、、、仕事人生の習慣がまだ抜けていなくて、なんだか金曜日の夜って
とってもリラックスして嬉しい、、、だって、明日は事務所にいかなくてよいのですもの、、、、

写真3(暗雲をはねのける太陽)
写真4 (アデュー)
写真5
by pretty-bacchus | 2007-12-15 02:00 | ◐Nature空,海,夕陽,緑花,鳥蝶 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://keico.exblog.jp/tb/6562594
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by wateringpot at 2007-12-15 10:14
創造するということは、とてもエネルギーの要ることと思いますが
今のpretty-bacchusさんは、エネルギーに満ち溢れていらっしゃいますね。
緊張の後はご友人との会食でリリース。本当に満ち足りたお気持ちでしょうね!
写真展の準備が滞りなく進みますように・・・。
Commented by pretty-bacchus at 2007-12-16 03:14
wateringspotさん、ブログがすっかり変わりましたね、素晴らしいです!
写真も季節感いっぱいでとても素晴らしいです!
私も頑張りますね、、、、
Commented by yy2828yy at 2007-12-16 17:50
バラ・・つまり棘の向うに見える棘・・対比が面白いと思いました。
Commented by pretty-bacchus at 2007-12-17 04:19
yy2828さん、ありがとうございます。
孤独な薔薇と猫を防ぐ大きな針がとげみたいで、、、、
名前
URL
削除用パスワード


<< 週末に二人ともダウン、、、、      ねえ見てねと冬朝顔が呼んでいる >>