波うって 赤の絨毯 秋の雲 
2007年10月17日 水曜日 晴れ  朝顔は七つ八つ

English Here

 やっぱりあの声はヒヨドリだった。
暑さが去った数日目から、朝の目覚めの頃に啼いていた。

 朝顔の向こうの借景の二本の大きな木の間を右へ左への水平に飛んで遊んでいた。
自然の動きって本当に微妙で素晴らしい!

 それにしても冷気がきているのに、朝顔は毎日七つも八つも咲いて、夕方になっても萎まないでいる。
その上昨日と今日は、夕方になってもピンクにならずに、わずかに朝とは色を変えて凛と顔を上げている。
最後の命をりりしく生きているようで愛らしくも切ない、、、、、
a0031363_0393296.jpg
  (pm4:45)

a0031363_0322574.jpg


 平年並みの気温だそうだが、急に冷え込んだためか、とっても寒さを感じた夕方だった。
日没のあと、西の空がピンク色に変わっていった。
ここ数日は、重いのにニコンD200を持ち歩いていたので、急いで屋上に上がった。
今日の東京の日没は17:05を少し過ぎていた。
ビルの窓に灯火が灯り始めた頃だ、、、、

はるかに夕焼けの波がうごめいていた。
新宿方面の空はピンク色、後ろの皇居方面はきれいなブルー色の空だった。
ビルの灯火も増してゆき、今日一日が去ってゆく、、、、

刻一刻と色合いが変わりゆき、まるで色彩パレットの輪舞のようだ〜〜〜〜!
手持ちで何枚かをスナップ。

寒い〜〜〜。
あまりの寒さとビル風に、数枚撮って早々に引き上げてしまった。
この夕焼けの後の夜の空がどんなかを知りたかったが、疲れてしまっていて、もう屋上に行く力はない。
a0031363_034228.jpg
  (pm5:09、レンズを最大の望遠側にして、、、)
a0031363_035193.jpg
  (pm5:11)
a0031363_0354446.jpg
  (pm5:14)
by pretty-bacchus | 2007-10-17 23:59 | ◐Nature空,海,夕陽,緑花,鳥蝶 | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://keico.exblog.jp/tb/6322581
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by the-fuji at 2007-10-18 11:10
よい時間帯ですね、下の写真が都会の夕景として素晴らしいです。
Commented by pretty-bacchus at 2007-10-18 12:59
the-fujiさん、ありがとうございます。
都会のビルの灯りと夕焼けは、絶妙なマッチングをしていた時間でした。
Commented by qjo-s-koshi at 2007-10-18 16:13
美しい夕焼け空ですね。
このあとの空の様子も見たかったですね。
日没が早くなったのでなかなか夕焼け空を見ることができなくなってしまい寂しいです。
Commented by pretty-bacchus at 2007-10-18 16:32
ajoskoshiさん、ありがとうございました。
そうですね、、、もう少し屋上でガンバッテ、この後の様子も撮れば良かったと後悔しています。
Commented by paranoia2004 at 2007-10-18 21:18
空が燃えていますね(^^)
夕焼けにそびえるシルエットはどきりとしました。
Commented by pretty-bacchus at 2007-10-19 00:13
paranoiaさん、ようこそ!
望遠で撮ったときよりもPCに入れてアップしたときに、私もドキリとしました。
さながら大都会の血に染まるバベルの塔というところでしょうかね、、、
Commented by hermes_sawa1 at 2007-10-20 00:37
こんばんわ。都会のトワイライト、めったにお目にかかれない素晴らしい光景でしたね。
Commented by pretty-bacchus at 2007-10-20 02:00
hermes-sawa1さん、ようこそ!
都会のトワイライトは、晴れた日には素晴らしいです!
寒くなるともっときれいに焼けるかもしれませんね、、、、横着をせずに時々
屋上にあがることにします。
名前
URL
削除用パスワード


<< 朝顔が 夜を徹して 凜と咲き      友ありて ワインレッドの 秋の宵 >>