早や神無月 
2007.10.01 月曜日 雨模様  衣更え

English Here

 早や十月、神無月だ。
そして今日は、昔なら衣替えの日。
この時期に、全国の神々が出雲大社に集まりので、諸国に神がいなくかるから、
「神無月」といわれるようになったという。
でも出雲の国では、反対に神在月と呼ばれるのだと言うから、中世からの旧暦の話はおもしろい。

この時期に新穀米で酒を醸すから、「醸成月」から、神無月となった説もあるというから、
こっちの方が嬉しいな〜〜〜。
秋は酒の美味しいし、なによりフランスからは新酒のボージョレヌーヴォーが届くから、、、、。

シャトー・ドゥ・ピゼイのボージョレヌーヴォーは、名醸造主のPascal Dufaitreが造っている。
この話を電話で話したら、「日本は素晴らしい国だ、ととっても感激していた。
今年のChateau de Pizayのボージョレヌーヴォーはあ、もう既にかなり熟成しているという。
11月15日の解禁日がたのしみだ、、、、。

 昨日の朝顔は夜になってもピンクにならずに二つひっそりと開いたままだった。
今朝は、気になって早く起きてみてみたら、なんとまだ開いたままで薄ピンクに変わっていた。
昨日つぼみだったその先の朝顔が一輪同じように薄紅色に開いていた。(カシャッと、、、スナップ)
どうしてなのだろう、、、、、?
昨日は一日太陽がでなかったし、今朝も同じ、そして急に冷えてきているし、
雨で気圧がひくいからかしら、、、、、?

 この頃、温暖化問題の記事が、新聞にも雑誌にも多い。
最近の櫻井よしこさんの著書のなかの一部では、欧米の学者の意見がいろいろかいま見られて、
これからの地球を考えてしまう。

 地上よりも海中の方が10倍も症状が現れるのが遅いのそうで、
それが現れたときは既に時遅しなのだという。
あと150年で、この地球に、大きな災害がおこるという、、。
その根源は中国とアメリカだというけれど、他の国々も少しづつでも協力していかなければ
地球全滅の日はそう遠くないのだという、、、、、。

 一日の締めは、北海道、雨竜の新蕎麦粉が届いた大川やさんで、酒は石川県の宗玄。
友の友情に感謝して、、、
気持ちよく酔ってしまって、帰宅してまたまたバタンキュウ〜〜〜〜

一眠りして、真夜中過ぎにブログを書いている、、、良いのか、はたまた悪い習慣か、、?
by pretty-bacchus | 2007-10-01 23:59 | ◐Nature空,海,夕陽,緑花,鳥蝶 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://keico.exblog.jp/tb/6251486
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by the-fuji at 2007-10-02 07:39
悪い習慣ですね、お肌に障りますよ。?
Commented by pretty-bacchus at 2007-10-02 20:21
the-fujiさん、そうですねー〜〜〜。
それで最近はなんだか肌のつるつる感がへっていきたのでしょうか、、、
お〜〜こわ!
Commented by narugami_626 at 2007-10-02 20:35
夜更かしは、ほどほどにですよ~^^
夜はやっぱり、ぐっすりと寝た方が良いかな~。
それぞれの月に、複数の異名がありますよね~。
私のHNである「narugami」も6月の異名「鳴神月(なるかみつき)」から付けているんです^^
Commented by pretty-bacchus at 2007-10-02 20:42
narugamiさん、そうでしたか、鳴神月だったのですか、、、
すばらしい発送ですね。
私はつまらない題名をつけてしまったと途中で後悔したのですが、そのままにしています。

今夜は早くやすみましょう、、、、
名前
URL
削除用パスワード


<< 朝顔の けなげに咲いて 人想い      秋の雨 ただだらだらと 日曜日 >>