満月に 輝く薔薇や 香りたち
2007.04.03

English Here

 集合住宅の道路沿いには、前管理人さんが丹精した薔薇の木がある。
剪定をしないままにどんどん大きくなって、電信柱にもつくくらいになってしまっているが、
年に何度も花をつける。

  春になって、葉が大きくなって、また花をたくさんつけたが、なんだか少し小さい。
真夜中に帰っても良い香りをはなって、疲れた私をなぐさめてくれる。

 この小道は、入るとまもなく右がわには、四季の花々を家の回りに飾っている一軒家があり、
まもなく左側には中学校の校庭の後ろの土手が長くつづき、子供たちが丹精している季節の草花が
いつも通行人を楽しませてくれる。
さらに道は細くなり、車がやっと一台とおれる一方通行の道で、大きな木がしげった公園へとつづく。
ほんの数百メートルの細い道だが、四季それぞれの自然と花々を、
この都会の中心でタノシメル事はとっても幸せ!

 車が少なくて静かな東京は、空もとっても綺麗でうれしい!
空には満月が雲一つない空に輝いていた。
a0031363_3595428.jpg

by pretty-bacchus | 2007-05-04 03:33 | ◐Nature空,海,夕陽,緑花,鳥蝶 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://keico.exblog.jp/tb/5528382
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
削除用パスワード


<< オリンパスE-410試写、その2       気が抜けて疲れがでているゴー... >>