時期過ぎし 朝顔と遊ぶ 秋雀
2006.11.04 土曜日 曇り

 また朝顔がさいている、ピンクが三つ、ブルーが三つ。
この品種は宿根草プラス四季咲きなのだろうか?

 海外で十日留守にしてたまった新聞とか雑誌の整理に手がつき始めた。
数誌とっている新聞も、まずは日経の文化欄から読み始めた。
昨年までの『愛の流刑地』のあとの、堺屋太一さんのジンギスハンもなかなかおもしろく
毎朝愉しみにしている記事のひとつ、
ニュースはネットでみられるけれど、やはり新聞で楽しみたい物もまだまだある。

 秋の各社の広報誌がなかなか充実している。短い読ませる物が沢山あってポストイットをつけるのが大変〜〜

 連れ合いが買ってきた大沢在昌の分厚い最新作の『狼花』も読みたいし〜〜
言わずと知れた新宿鮫シリーズの9作目。
6年ぶりの鮫は、新宿にすくむ外人悪グループと今や一般人と化したやくざのからみの中に、
警察機構の公安で一生を壮絶に生きた男を描いている。全部本当の事だとおもわれるすごい世界だ。
今日はこれと離れられそうにないな〜〜
(カメラからPCへのデータ転送がへんで写真は後でアップ)
a0031363_12323654.jpg

by pretty-bacchus | 2006-11-04 12:41 | ◐Nature空,海,夕陽,緑花,鳥蝶 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://keico.exblog.jp/tb/4626625
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
削除用パスワード


<< まだまだと 命長らう 朝顔や      文化の日 十三夜 >>