葉が刈られ 大物顔の カラスかな
 2006.10.26 木曜日 曇り

 時の移ろいは早い。
10日留守にしている間に木々の緑は色を変え秋の終わりに向かっている。
 ばたばたして気がつかなかったら、借景の裏の大木の葉がすっかり刈られて丸裸になっていた。
例年はクリスマスの頃なのに、、、
 カーカーカラスが大物顔で飛び回っている。望遠でカシャッ。
カラスって本当に濡れ羽色だ。

 帰国した後まだベランダにもでていない。
お〜〜朝顔が咲いている。うす紅色の花が三つ!
最期の命を、私を待っていてくれたのだろうか、、、、
名十年か前のお祖母ちゃんのようで、思わず涙してしまった、、、、、疲れているんだな私は、、、
あのときも私がパリから帰るのを待っていたように、強く手を握って、そして翌日息を引き取った。

 一日ばたばたした日だった。
疲れた〜〜〜〜〜
a0031363_17564959.jpg

a0031363_1835948.jpg

by pretty-bacchus | 2006-10-26 23:54 | ◐Nature空,海,夕陽,緑花,鳥蝶 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://keico.exblog.jp/tb/4581290
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
削除用パスワード


<< 旅重ね 歳を重ねて 秋更けり      杯重ね 同じ思いの 秋ふけて >>