中秋の名月追って
2006年10月8日 日曜日 綺麗な夜明けに

  なんと素晴らしい夜明けか!
 キラキラと緑がゆれて、借景の緑がゆれてその後ろの白壁に朝日が揺れている。
 昨夜の綺麗な月が西に傾き始める頃だろう、、、

  急な出発でばたばたしている。
 こんな時に、相乗効果というか、その逆でいろいろ立て続けに忙しくなる。
  電話機を海外用に交換して、眼鏡を新しくして、友人のカメラとかを買いにヨドバシにと走り、
 本当にばたばたの昨日だった。

  半蔵門にむかって走っていた。あとは事務所での仕事、、、ふと、遠くに目がいくと、
 暗くなり始めた雲一つ無い空に大きなまん丸〜〜〜い月があがりはじめていた。
 
  その前の日の中秋の明月はひどい雨で愛でることは出来なかったので、ことのほか美しかった。
 月のウサギもきれいに見える。
 今日はは十六夜?
 でも全然月は欠けてない。
 眼鏡を変えたばかりなのでなおはっきり見える!
   変だな〜〜〜
 こういうときは、かわうそさんのHP「暦」を見るのが一番なのだ。
  え〜〜〜?!
 中秋の明月は1十四夜の6日で、満月は昨日の7日だったのだ。
 中秋の明月が十五夜とは限らないのだという。
 目から鱗の新事実、いやあたりまえのことを私はいままでしらなかったのだ〜〜〜〜。
 いくつになっても新しい事を学べるのはなんと嬉しいことか?
a0031363_15381519.jpg

a0031363_15392665.jpg


  ちなみに、今夜の月齢は15.6でまだ十五夜ということで、お月見ができる。
 三日続けてま〜〜るい月を愛でての秋の訪れを喜ぶことが出来るのは何とも嬉しい!
a0031363_1540154.jpg


 今日の暦は
日の出 05時40分  : 日の入 17時16分
  月の出 17時46分  : 月の入 06時39
 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

  今日はこれから青山さんのスタジオで写真展の相談。
 日仏会館の依頼をおうけするかどうかの最終をきめなければならない。
 お話しをいただくのはありがたきことなのだ、と彼は勧めてくれている。
 さてさて、どうしたらよいのだろう、、、なぜって、あまりにも、いろいろあって心痛が大きく多いから、、、、
by pretty-bacchus | 2006-10-08 11:11 | ◐Nature空,海,夕陽,緑花,鳥蝶 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://keico.exblog.jp/tb/4458756
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
削除用パスワード


<< 立ち待ちの 月雲に浮き 風ないで      カレイナルカレイトカロウ >>