朝顔に肩をおされて寺参り
 2006年9月23日 土曜日 午前09時29分

  今朝が綺麗が朝顔がベランダの壁際の植木に伸びたツルから咲いている。
 夏の最期を堂々と頭をあげて風に揺れている。

  昨日も今日も二輪仲良く、、、、

  今日はこれから、連れ合いの父の十三回忌でお寺へ。
  「ケイコサン、年を重ねるとはこういうことなんだね、
 とベットで語っていた言葉が最期であった。
 私がパリにいるときに息をひきとって、告別式には間に合わなかった。
  「長男の嫁なのに、
 親戚には私は駄目な嫁なのだろう。
 仕事人のいや日本の女性の宿命なのかもしれない、、、、。

  凜とした清い色の朝顔に送られて家を出よう、、、
 (出がけにカシャッと、 アップは後で、、、)>>これは失敗だったみたい。
 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  14:27分
  案の定というか、、、、とても悲しい思いをして目を腫らして帰宅、、、
 朝顔は色を少し変えて風に揺れていた。
 涙に濡れて朝顔がゆがんで見える、、、、。

 少しピンク色に変わりつつ夕方までさいているこの朝顔は去年朝顔市で買ったオーシャンブルーという品種、
 翌年までけなげに咲いているのは、なんともはかなくも嬉しい、、、、
 
a0031363_1540026.jpg

a0031363_15502680.jpg

  下はニコンD200にVR24〜120ミリF3.5~5,6、ズームで絞り優先F4で望遠ギリギリで
a0031363_21261478.jpg

 緑のシャワーがきれい、、、
a0031363_21394482.jpg

by pretty-bacchus | 2006-09-23 09:36 | ◐Nature空,海,夕陽,緑花,鳥蝶 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://keico.exblog.jp/tb/4339772
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
削除用パスワード


<< 母と過ごした午後      天を突く 朝顔に送られ 病院へ >>