夢の中砂漠と海をさまよいて
 2006.08.15 真夜中に

  秋の釣瓶落としの前に、8月は一日一日、日の出が遅くなるのがとても気になる。
 もちろん日の入りもどんどん早くなる、、、
 一月前には日の出4:30日の入りが19:00位だったのに、今は5:00>18:32。
 そして 12月31日には6:50>16:38で暗い冬のまっただ中。

  月も星も太陽も大好き。海も宇宙も大好き。でも宇宙がどんな法則で動いているかは、よく解らない。
 読んだり聞いたりした時はなるほど〜〜とわかったようなきになるが、やっぱりピントこないのだ。
 小学校の時に呪文のように学んだ、スイ キン チ カ モク ド テン カイメイ。
 今ではその宇宙に人類が訪れるようになっているのだから、、、
(なんと、セレスとカロンが加わったとか)

  毎日が暑い。自然の営みがおかしくなってきているのも、きっと宇宙全体の仕組みが
 少しづつゆがみ始めているに違いない。

  今日は、至高の神の存在を信じて、千賀子さんの貴重なお時間をいただくことができた。
 タクラマカン砂漠とアドリア海を夢みごごちで彷徨っていた私、、、、
 生まれて、生きて、生きぬき、死に行く課程で通るべき道を歩んでいる実感がある。
 こんな風に年を重ねることに感謝かんしゃ!

  昏々と寝てしまって、そ〜〜とめざめてこれから食事、、、、
 その前に感謝の一日を書いておきたかった。
by pretty-bacchus | 2006-08-15 23:46 | ◐Nature空,海,夕陽,緑花,鳥蝶 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://keico.exblog.jp/tb/4131779
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
削除用パスワード


<< 光りなき深き緑に雀おり      暗い朝 涙雨呼ぶ 終戦の日  >>