台風を追いやり昇る望月や
 2006.08.10 木曜日 暑い
 
  うとうとしただけで蝉の声で目が覚めた。
 暑い!
 西の空を見たが、もう月はなく、朝日に緑がぎらぎらと輝いていた。

  昨日の満月は、すさまじく綺麗だった。
 台風一過で雲一つ無い空に凛として輝いていた。
 孤高の美しさである。
 ( 18:49に出て、4:04分月の入り。)

  疲れ切って真夜中に家の道に入ったら正面に突然現れた。
 床に着く前に、西の空、大きな木の間からきらきらした月を愛でて一日の終わりにした。

  さあ、、、今日も忙しくなる。
 頑張れがんばれケイコ、
 自分自身に声をかけてでかけよう、、、、
a0031363_18101896.jpg

a0031363_151451.jpg
  真夜中過ぎ月は西に傾きはじめ木の陰に入った。
  手持ちでカシャッ、月はもちろん流れて、、、、
by pretty-bacchus | 2006-08-10 07:37 | ◐Nature空,海,夕陽,緑花,鳥蝶 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://keico.exblog.jp/tb/4103675
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
削除用パスワード


<< 十六夜を追いかけ開く朝顔や      やがて往く西の空燃え夏木立 >>