朝顔や 遠い昔の 祖母憶い
 2006/07/11 08:42

  朝顔が家に来ると毎年、一日の時間帯が少し変わってくる。
 今朝はどんな色の朝顔が咲くのかしら? どんな風に開くのかしらがとても楽しみなのだ。

  三つ子の魂百までも、かもしれない。
 子どもの頃、お祖母ちゃんが庭の一部に柵を作って朝顔を背が高くまで丹精していた。
 朝顔を一緒にみて、鶏小屋で産み立ての卵をとってくれた。
 生卵ごはんの美味しかったことといったら、、

 朝顔の花で昔の日々を思い出している。これも歳かしら〜〜ね。

  ここ数年、撮った朝顔をブログにアップする楽しみが加わった。
 出かける前の数分に出来ることもあるが、朝はバタバタでやはり夜帰宅してから整理することが多い。
 時代にそって楽しみが少しずつ変わってきている。
a0031363_914420.jpg    
午前6時開きかけた朝顔。

我が家のベランダは南西向きで朝日は直接あたらないのだが、花はちゃんと朝を知っている。
a0031363_918454.jpg
8時半にほぼ開ききったオーシャンブルー。

隣の濃いブルーは四色咲きのなかの団十郎ブルー
a0031363_9251984.jpg

  さあ〜〜これから仕事場へ出かけよう。
 元気をくれた朝顔さんありがとう!
by pretty-bacchus | 2006-07-11 08:50 | ◐Nature空,海,夕陽,緑花,鳥蝶 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://keico.exblog.jp/tb/3924903
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
削除用パスワード


<< 満月や 幾たび重ね 我老いぬ      熱帯夜の大騒ぎ >>