七夕に 空どんよりと 花憂い
2006年7月7日 金曜日 梅雨空

  「笹のはさらさら・・・」と歌われる七夕、今日は、織姫と彦星が、天の川を挟んで
 年に一度の七夕の夜だけ会えるという七夕。
 なぜか、こういうお祭りは愉しい!
 ☆がでるといいのに、どうやら今日は雨のよう、、、
  でも雨雲の天上で年に一度の逢瀬を愉しんで欲しい、、、

  梅雨の曇天の中に緑が動く、鳥が飛び、花がささやく、日本の四季が嬉しい!

  朝顔市がはみまっているのだが、まだ行かれてない、、、、
 今日もいろいろアポがつづく、、、我に鞭打ち頑張ろう〜〜〜(´_`)

a0031363_3345895.jpg

a0031363_335521.jpg

a0031363_3362416.jpg

by pretty-bacchus | 2006-07-07 07:07 | ◐Nature空,海,夕陽,緑花,鳥蝶 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://keico.exblog.jp/tb/3896276
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
削除用パスワード


<< 笹の葉に追憶重ね七夕や      梅雨空に せめて心は 晴れまとい >>