折られたる 薔薇の蕾に 命あれ
2006.04.28

 一週間が終わった。
すさまじいスケジュールの毎日であった。
でも自然の息吹とささやきに狂喜してすごせた一週間でもあった。
  ありがとう万物の創造主、そして神秘に満ちた宇宙と自然、、、、。
a0031363_2242243.jpg

  定点観測の君子蘭
a0031363_22432563.jpg
  車では一方通行を右に行く、歩いて広い路に出るには左の折れて中学校の校庭裏を行く。
 芥子の花とドウダンツツジが土手に咲く、、、、。

  夕食はカツオのたたきと、マグロの赤身。
旬のみずなすを細く切ってゲランドの塩をつけて、
 エドアルドヴァレンティーニのエクストラヴァージンオイルをほんの少しおとして香り着け、、、

 ワインはロジェベランのサントネー1995を少し冷やして、、、、
 年代を経たピノノワールの深みとこのワインの持つ優しさとの抜群の相性に疲れもふっとんで、、、、。
 
  家路の途中で薔薇の枝が折れて下がっていた。蕾が二つ頭をたれて可愛そう〜〜〜
 そ〜と折って持ち帰って水切りをして十一面観音の写真に供えた。
 元気になってくれるとよいのだが、、、、、
a0031363_2247933.jpg

 花入れは京焼きの名手の西村徳泉さんの珍しい土もの。先生からずいぶん前にいただいたもの。
by pretty-bacchus | 2006-04-28 23:00 | ◐Nature空,海,夕陽,緑花,鳥蝶 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://keico.exblog.jp/tb/3541673
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
削除用パスワード


<< 救われた 命いとしみ 花開き      よろよろと 路肩の花に 引きつられ >>