満月を 追ってうろうろ 酔いの路´☆`✿ฺ
 熱をおしての仕事はやはり、この歳になるとつらい〜〜〜〜〜〜〜〜〜。

  事務所にもどったら、またまた問題が起きていた。
 まったく最近の若者は、、、といいたくなる。偽造なにやらみたいで、まったくどうなっているのか。

  夜のアポを断って遅くまで書類の整理のあと、軽く食事をすませた。
 白ワインをほんの数杯しか飲まないのに今日の酔いはひどい〜〜〜。
 まったく弱くなったものだ。
 もっとも抗生物質をのんでいるから、お酒はいけないのだろうが、、、、

  満月の月が雲間に見えつ隠れつ〜〜〜追いながら自宅に向かったら
 もっと酔ってしまったみたい。

  家について着替えもしないでソファーにバタンキュウ! こんなのは初めてだ。
 数時間寝てしまったみたいだ、いけないいけない、、、、
a0031363_4273416.jpg
 満開の、崩れる前の木蓮が月の光をあびて輝いていた。たおやかに凛として寂しげに、、、、、、、、、、、a0031363_4281251.jpg
中学裏の土手のドウダンツツジは八部咲き
a0031363_4283410.jpg

by pretty-bacchus | 2006-04-15 03:03 | ◐Nature空,海,夕陽,緑花,鳥蝶 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://keico.exblog.jp/tb/3483799
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
削除用パスワード


<< 友の輪は 貴き世界へ 導きぬ      友が呼び 明けゆく空に 祈り込め >>