桜待つ空に緋色の茜雲
   日が暮れる前に久しぶりに坪庭の春の花をスナップしていたのは4:40分。
  いままさにビルの向こうに陽はおちるところ、ビルの谷間の都会の坪庭は可愛そう〜〜〜
a0031363_1572481.jpg

 こでまりは雲をかぶった夕陽に映えていた。 
a0031363_1553622.jpg

 もみじの新芽に蕾が膨らみ、荒れ放題の坪庭にも春の兆し一杯で嬉しい深呼吸。
a0031363_1563632.jpg

  今日は一日かたずけものをしていたのでとても疲れてソファーでぼ〜としていたら、突然はるかかなたが
 燃えているようでベランダに出で見た。5:53分
 茜色の雲がたなびき天空にも伸びていた。桜待ちのわたしの焦がれる気持ちにこたえてくれたような桜色に感激。
 中にカメラを取りに入ったあいだに早くも空高く消え始めて一瞬の幻のような桜雲でした。5:55分

 つかのまに、春の訪れと自然現象の雲の舞踊を愉しんだ日曜日の夕方でした。
a0031363_1585434.jpg

a0031363_2111.jpg

by pretty-bacchus | 2006-03-20 00:05 | ◐Nature空,海,夕陽,緑花,鳥蝶 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://keico.exblog.jp/tb/3364684
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
削除用パスワード


<< 錠爾さんが亡くなった      春嵐に 足停められて 読書かな >>