寒さ中月の世界へ招かれて 
2006.02.07

  春の詩や歌は大好き。
いつもくちずさむのは、「冬来たりなば春遠からじ、、、。と上田敏の海潮音の詩。
辛いことがあると、この厳しさが去って
希望の春が来てくれることを
望んでいるからかもしれない、、、、。

 いつのころから夕陽に手を合わせるようになった。
ひとひの終わりに感謝を込めて明日の日の出を祈って、、、
太陽に月に宇宙に興味をもったのも随分と若い頃。
月のうさぎが大好きだったのに、いつのまにか人類がその上を歩き、今ではステーションが
できてしまうかもしれないという時代。
若かったら月から地球をみてみたい、と思うがもう無理だろう。

 そんな宇宙のお話しをマルティウルトラの写真と説明で魅せてくれるブログがある。

http://cosmos21.exblog.jp/

 信じられないような映像と説明でぐんぐんと読み手をひきつける。
今日の地球画像、今日の宇宙画像、今日の真相画像、ネイチャー医学論文抜粋、NASAの
宇宙科学情報などなどおもしろい記事と写真が満載。
それもほとんど毎日写真と記事をアップしているのだ。
一昨年から時々訪れていたが、一体どんな方が書いているのだろう、、、
といつも想像していた。

 思いあまって数日前にブログのコメントに書き込みをしてみた。
「あなたは本当にどういう方なのでしょう。一昨年からの愛読者ですが、驚嘆するばかりです。と。
答えはなんと、
「スパイです! 所属は、日本語で表記するならばアンドロメダ銀河系ソンナトコロヤ・アーム群
興味深々恒星系連邦系外銀河永住局
ローカル銀河部カッテニイキナハレ課の平スパイです。
ですから地球の英語訳も私の銀河系の教養でお届けしています。
惑星地球では、
異なる訳をすると『誤訳』となるようですが、我が銀河系に誤訳という言葉は無く、ホウカイナ訳とか
ナンジャモンジャ訳と評価されて、試験では落第点の瀬戸際になります。
というような私ですので、惑星地球の忙しい時間に囚われることを無視することにしました。
(後略)
 ブログを読んであってみたいと思う人は何人もいるが、この方にもぜひおあいしてみたいものだ。
でも本当に怖い人だったらどうしよう〜〜〜〜。

a0031363_358203.jpg
http://cosmos21.exblog.jp/から
a0031363_484527.jpg
フロリダをオレンジ色に染めたアポロのフィナーレ



by pretty-bacchus | 2006-02-07 06:59 | ◐Nature空,海,夕陽,緑花,鳥蝶 | Trackback | Comments(1)
トラックバックURL : http://keico.exblog.jp/tb/3145863
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented at 2006-02-22 00:35 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
名前
URL
削除用パスワード


<< 歳重ね 我が身重ねる 父の老い      もうすぐよ 春を待つ間の あと一歩 >>