木枯らしが 吹くもいよいよ 散る葉なし
 借景の庭の木の葉も最後の一葉がいよいよ散ってしまった。
この厳寒の木枯らしにはたえられなかったのだろう。

 春がまちどおしいことしきりである。
by pretty-bacchus | 2005-12-24 23:00 | ◐Nature空,海,夕陽,緑花,鳥蝶 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://keico.exblog.jp/tb/2900771
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
削除用パスワード


<< 時空超え 妙高の雪 運びきて      シクラメン ガラスの内で 華やぎて >>