散歩を途中であきらめて久しぶりに蕎麦ビストロの桜季さんへ
2017年10月24日 火曜日 曇りのち晴れ

 雨の記録が十九日も続いているのだという。
なんとしたことだろう、、、、。
なんだか季節が足踏みしているようで、借景のシデの木や梧桐の木の葉はまだ黄葉していない。

a0031363_22560204.jpg

 少し歩いて近くの秋を探しに行こうとでかけてみたが、途中でつかれてダウン。
帰り道に、久しぶりに桜季さんで手打ちのお蕎麦をいただくことにした。
“久しぶりにお蕎麦やさんに行くきましょうよ。
“でも混んでるんじゃないかなぁ〜〜お席があるかしら?

桜木さんはこのところいつもいっぱいでなかなか行かれていない。
三卓十二席とカウンター五席のお店なのだが団体のお客様が十人ほど入ってしまうと、
もう外のお客様はとらないようにしているようで、なかなかいかれる機会が少ない。
でもそれはとても良心的なことだろうが、近所のおなじみさんにはちょっと寂しい。

一昨年の十二月にそっとオープンしてからそろそろ二年が経つ。
最初はそば割烹で和食的なものが多かったが、半年ほど前からまさに<そばビストロ>に変身?
フランス料理の経験のある若いシェフが入って、最初は少しもたついていたが、なかなか良心的な
お料理を作ってくれるようになっている。
お野菜のクリュディテや、シェフ風サラダには砂肝が入ったりしていて、これをオードブルに、
その後お魚かお肉をとってシェア-していただき、最後は打ちたてのおそばで締めるというのがいつもの感じ。 

日本酒はお隣の鈴伝さんから季節の地酒が入り、美味しいワインもあって、コストパーフォーマンスに
飛んだ良いお店になっている。

 請われるままにフランス料理のことやワインのことを話して、時には毒舌もはいて驚かせることがあったが、
素直に受け入れてくれて直してくださっている。
若い人達が育っていくのはなんとも嬉しい!

ある日の桜季さんは、
http://keico.exblog.jp/22270700/
2016年1月22日 金曜日 はれ
帰り道に新しい蕎麦会席のお店をみつけました

http://keico.exblog.jp/22334435/
2016年1月30日 土曜日 雨のち曇
寒い夜のスッポンのお鍋はピエモンテ地方のバローロ2001

http://keico.exblog.jp/22520410/
2016年2月22日 月曜日 晴れたり曇ったり
お蕎麦とヴァシュラン モンドールとピエモンテの赤ワイン

http://keico.exblog.jp/23568431/
寒い夜は打ちたてのお蕎麦で、、、、
a0031363_20112349.jpg

a0031363_20114833.jpg

a0031363_20121714.jpg(送ってくださて、、、、)

http://keico.exblog.jp/237101123/
2017年6月14日 水曜日 曇りのち晴れ
病院通いのあとは、一人でリヨン風サラダと赤ワイン
a0031363_00474555.jpg
(クルディテの後には、リヨン風サラダをいただいて。砂肝が美味しい。
ワインはシャトー・ドゥ・ティルガンの赤2012.銀賞をとった美酒!)



by pretty-bacchus | 2017-10-24 23:58 | ♥Wine & Dineワイン&食事 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://keico.exblog.jp/tb/237920769
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by おばさま@北海道・大沼国定公園 at 2017-10-27 09:35 x
お散歩して立ち寄れるお店があるとお出かけに
励みが出ますね。
大沼は自然と朝採れの新鮮野菜はありますが
気の利いた食事処はありません。
夫婦でひっそりやっている湖畔のカフェ・レストランがもっぱら
私の立ち寄る場所です。

お蕎麦・・・新蕎麦が美味しくなりました。
先日札幌で幌加内の蕎麦粉を使う手打ち蕎麦屋へ
行ってきました。
この店を見付けて7年くらいですが、亡き母も喜んで呉れました。
住宅街にあるお店、別なところで大きくやっていたのを
娘夫婦に譲って、親夫婦はこぢんまりと使用人を使わず
やっています。
行きつけの店があるとゆったりできます。
Commented by pretty-bacchus at 2017-10-28 10:45
ゆうこさま、おはようございます。

湖畔のカフェ・レストランはすてきでしょうね。
あのあたりを散策したことがありますんで、あの湖がなつかしいですね〜〜〜!

東京でも北海道の新蕎麦が出回り始めました。
楽しみです。

名前
URL
削除用パスワード


<< 小雨の日にいにしえのローマの旅...      台風一過の東京では青い空でした >>