ヒヨドリジョウゴの白い花と真っ赤な太陽フレア
2017年9月8日 金曜日 晴れ

 朝から蝶々が借景の木々の間を舞っている。
大きな黒揚羽。 写真に捕まえようとしてもその動きは速く結局だめ、、、、。
青空に白い雲を借景に、小さなちいさなヒヨドリジョウゴの花が震えているのがなんとも嬉しい!









a0031363_00372055.jpg
              (一輪青い朝顔も咲いて、、、、、、)


 今日も体のだるさをいいことに一日だらだらと過ごしてしまった。ダメですね、、、、はい本当に。

〈太陽フレア〉が一昨日から発生しているという。
太陽の表面で起きた大規模な爆発現象
を〈太陽フレア〉というようで、小規模なものは一日に三回ほど生じているという。
おもに太陽の黒点付近で磁力の乱れが起き、エネルギーと共に表面のガスが宇宙空間に放出され、
地球周辺に到達して地磁気にぶつかると、磁気が乱れて電子機器の障害やオーロラなどの現象につながるのだと
報じられている。

a0031363_00382830.jpg
(毎日ニュースよりキャプチャーさせていただきまいた)

 情報通信研究機構(NICT)によると、太陽フレアの発生は、六日午後9時ごろ。
爆発規模は通常の約一千倍で、太陽から放出されたガスが地球に到達するのは午後3時以降と予測されていた。
実際には、午前9時前には到達し、午前9時から午後2時ごろまで、地球の上空にある電離層で大きな乱れが
観測されたという。
今回の爆発規模は五段階の最大級で、太陽フレアは断続的に起こっており、今後2〜3日は注意が必要という。

この影響で、南極の昭和基地に設置したNICTのカメラでも午前11時ごろ、普段より活発なオーロラが観測された。
通信機器などへの影響は確認されていないが、今後2~3日は警戒が必要だという。
更に八日午前9時~午後2時ごろにかけて、地磁気の大きな乱れが観測されたと発表した。

太陽の黒点がGPSが狂うが人間には影響はないというが、そんなことがあるだろうか?


 お昼の男性だけのランチオンミーティングは、アルゴではなく桜季でのランチをお願いした。
個室はないのだが、上手に六席をつくって下さり、他のお客様は数人だけだったようで、ゆっくりと過ごせたよう。
パリの大使館詰めがながかったWさんもとても気に入って下さったようで良かった!
ナカジマさんは、明日が重陽の節句なので、
健康を祈願して菊をお浸しにし、いつもの炊き合わせご飯はカボチャ、牛蒡、大根の根菜と鳥挽肉を使い
質素な日本の和食にしてくださったとのこと。
これにお漬け物、最後は打ちたて蕎麦で〆めて、食後は挽き立てのコーヒーで、1200円の特別ランチは最高ですね!

ありがとうございました。


by pretty-bacchus | 2017-09-08 23:58 | ♡Daily life日々の事など | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://keico.exblog.jp/tb/237733414
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
削除用パスワード


<< 重陽の節句にマゾンプライムPr...      新しいガジェット<ローズシャン... >>