土手の寂しき桜花もまた桜なり
2017年4月3日 月曜日 晴れ

 このところ新しいお店へのご招待や新ヴィンテージの試飲へのご招待が増え始めた。
十年前にすべて一線を退いたのだが、このウェブ時代にフェイスブックやブログで、
わたしが病を重ねながらも、まだぬくぬくと健在なのを知った友人達からで、それはとても嬉しく
ありがたいことなのだが、、、、。
どうも、はいありがとうと出かける気が起きないで困っている。

後日それらの会の写真がアップされて拝見していると、ファッション界の人もワイン界の方々も皆さん若い!
男性も女性もどこか別の星からの人のように思う事すらある。
そして、やはり出席しなくて、それでよかったとつくづく思ってしまう。

出ればそれなりに歓待されて、昔の光跡などの話に花がさくのだろうし、
若い頃のように妬まれることもないだろうが、それも一瞬のことで、宴たけなわになる頃には、
やはり私はそこでドップリと孤独感に落ち込んで、疲れ果てて、、、家路につくに違いない。

 そこにはかすかな寂しさが残るだけ、、、、、。
そういうことが歳をとっていくということなのだろう。

 髪を切ってさっぱりと新しい週を迎えた。
今年最初の桜は近くの土手のたった一本の桜の幹。
これも今の私の桜花!

a0031363_1425065.jpg


~~~~
(写真をアップすると自動的に黒枠が付くように設定して、数日はうまくいっていたのに、
またダメになってしまった。どうしてだろう?)
by pretty-bacchus | 2017-04-03 23:59 | ✿ฺCherryBlossomさくら桜サク | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://keico.exblog.jp/tb/23773135
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by nanahan at 2017-04-07 07:53 x
出ればそれなりに歓待されて、昔の光跡などの話に花がさく>良いではないですか~~それが元気の素なのですよ。
Commented by pretty-bacchus at 2017-04-09 00:19
nanahanさん、なあるほど〜〜〜。それが元気の素なのですね。
はい、もう少し頑張りましょう、、、、。

名前
URL
削除用パスワード


<< 松川玉堂先生の二十四回目のお習...      東京では桜が満開というニュース... >>