突然の小さな旅は、アドリア海をあきらめて相模湾の青い海
2017年8月30日 水曜日 曇り

 ここ数年来いつも話していることは、
“もう一度一緒にヴェニスに行きたいね! アドリア海の青い海が見たいね、、、、。

もう何十回と一緒に行っていても二人だけだったことは最初の一度だけで、あとはいつも
どなたかと一緒だった。
空港からシータクシーで一気にサンマルコ広場まで入り、ヴェネティアで数日すごしてから
ショファー付きの車で途中各地の食を楽しみながらイタリア半島を南下する。

どなたもとても喜んで下さり、それが私たちの歓びとなっていた。
ミラノに駐在事務所を持ってからは、マサオ君、キムラさん、タケヒサ君、そして最後まで頑張ってくれた
ハルコさん!
ユウジさんはいつも留守を守ってくれていた。

 そんな思い出多いイタリア。
ワタシは数年ごとになにやかにやと出かけているが、連れ合いはもう十数年でかけていなかった。

 二年前の大手術、そして今年は二回の救急入院で、だいぶ力がなくなってしまったよう、、、、。
“海がみたいね、、、碧い海が、、、、と急に言い出した。
(今週はお墓参りの予定だった、、、、)
 
 それならば、、、、と、友人に連絡すると、ゲストルームが空いているよう、、、。
でも急なことでは奥様にご迷惑。
それならばと、最近お世話になっている宿に電話をすると、ちょうど夏休みも最後は空いていますよと、
すぐに大きなお部屋をとってくださった。

 東京駅から38分。
あっという間に車内の読書もままならない内に、、、、海が迫ってきた。
雨模様の海! 雨模様の海、、、でも海は美しい!

a0031363_10165144.jpg
〔車内の雑誌の地図で海の名前を、、、相模湾、駿河湾、遠州灘、、、と続く、、、)

 その昔は伊豆山の蓬莱、湯河原の海石榴や、そのすこし上にある五部屋の料亭旅館とか、
その前にできた指月などを定宿にしていたが、それも今はしなくなった。
時代が変わったこともあろうが、大仰な女将や仲居頭の挨拶などが面倒くさくなってきたのかもしれない。

 六階の一番右の二部屋続きの洋間のお部屋。
奥にはダブルベッドが二つゆっくりと入り、内風呂もある。
手前はゆったりとしたソファーがいくつもありバーカウンターもあり、両方の部屋にテレビがついている。
このお部屋は三度目で、すっかりお気に入り。

 “いいね、、、、海は!
そうつぶやく<人>は何を考えているのだろうか、、、、。
来し方の活躍を思い出しているのだろうか、、、、それともこれからのことを案じているのだろうか、、、。
それでも嬉しそうに海を見つめる眼には力が少しもどってきたようだ。

 海よありがとう! そして友よありがとう!
ここはアドリア海ではなく、太平洋、相模湾!
黄昏の海に手を合わせている。

 こういう旅っていいな! 
宇宙よ、友よ、、、、ありがとう!

a0031363_10195664.jpg

a0031363_10201862.jpg

a0031363_10200243.jpg
(海も広いが空もひろい〜〜〜〜!)
a0031363_11374189.jpg

夕食は、まず大森料理長の特別メニューの始まり、、、、、
(こういう形のお膳回りって旅の一つの形なのでしょうね、、、)

a0031363_11375431.jpg




by pretty-bacchus | 2017-08-30 23:59 | ♢Journey inJapan国内旅の記録 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://keico.exblog.jp/tb/237697788
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ゆう子@北海道・大沼国定公園 at 2017-08-31 12:05 x
海の見える風景は良いですね。
蓬莱に行ったのは何年前だったかしら・・・。
4年前だったかしら・・・。

美味しいお料理を頂いて海をのんびり眺めて・・・・。
ご主人とご一緒で良い時間を過ごされて何よりです。

 私の場合は近年、小樽の小高い山の上にあるホテルで
海を眺めながら美味しいお食事で夕陽、朝日を眺める。
早朝、下の方にある水族館から海馬が鳴くのが聞こえるほど静か・・・
母を伴って何度か出掛けたのを思い出します。

10月は弟と母の在所のお墓参り@知多半島に出かけます。
伊勢湾と夕陽・朝日を楽しもうと思っています。
この場所は私たちが幼年期を過ごした場所です。
Commented by 郁子 at 2017-08-31 12:51 x
[海が見たい」——そんな思いをすぐ実行に移されて、ほんとによかったですね。
たとえアドリア海でなくとも、海は丸く一枚続き、
日本の海でも素晴らしい所はいくらでもあります。
相模湾は風光明媚な優しい海、久しぶりにお二人だけの旅を味わわれて
病後のご主人様もどんなにか慰めを得ていらっしゃる事でしょう。

朝顔が咲き、蝉が啼き、そして野鳥さえやってくる都心のご自宅は、
東京でもとても恵まれたお住まいですが、
旅はやはり気分転換になり、英気を養ってくれます。
近場というのも行きやすく、気が楽です。

ゆったりとしたお部屋で、上げ膳据え膳の嬉しいお食事、
私もつられて、近い中に海か湖の見える旅に出たくなりました。

ブログを拝見しながら、私までも幸せ気分になる程、嬉しくなりました♪
Commented at 2017-08-31 23:30 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by pretty-bacchus at 2017-09-03 15:00
ゆうこさま、こんにちは。
いつも応援をありがとうございます〜〜〜!

<小樽の小高い山の上にあるホテル>には是非一度いってみたいのですが(水族館もあるのですね。)、
当分のあいだ飛行機はだめかもしれません。

伊勢湾と夕陽・朝日を充分に愉しまれてくださいね。


Commented by pretty-bacchus at 2017-09-03 15:06
郁子様、こんにちは。
いつも見守っていてくださりありがとうございます。
郁子さんはそのごいかがでしょうか、、、、。

おかげさまで、私たちはだいぶゆっくり出来たようです。
相模湾はほんとうに風光明媚な優しい海ですね。
太陽がかんかんと照らない数日ですが、かえって落ち着けたように思います。

東京に帰ったら蝉の声がやんでいました。
ようやく秋がやってきたのですね。

Commented by pretty-bacchus at 2017-09-03 15:09
鍵コメントさま。嬉しいコメントをありがとうございました。
海のささやきと海の幸をたのしんでまいりました。
いつもありがとうございます〜〜〜!


名前
URL
削除用パスワード


<< 相模湾で祖母の夢見たヴェニスを...      一週間前にやってきたiPad ... >>