七月も最後の日となってしまいました、、、
2017年7月31日 月曜日 曇り

 ハプニングはあいかわらず起こっている。
それをどんなふうに調整しながら生きていくかが大切なのだろう、、、、。

 七月最後の日は月末のつけをしはらいに夜の道をいそいだ。
この通りには名の知れた酒屋があって、いつも夕方には立ち飲みの人が多く、遠くからやって来る人も
いるという。

a0031363_02194634.jpg
















a0031363_03021135.jpg
















 勝手口で支払いをすませたのだが、常連さんがいらして、ついつい鹿島の牡蠣をいただいてしまった。
そしておもしろい話を聞くことができた。

一昨日のブログに、朝刊一面を飾った二人の女性のことを書き始めてまだ終わっていないところに、
彼女たちを知っているお二人の男性と話す機会を得たというわけ。


a0031363_02185707.jpg
(日本経済新聞も産経新聞もこの自称<美女>の写真で飾られていた)


 稲田氏にとって、防衛分野は「専門外」だったわけだが、最初は制服組の自衛官たちは高揚感を
もったのだそうだ。首相が「将来のリーダー候補」と目をかけている稲田氏がきてくれるのは、
防衛庁時代から下に見られていたこの官庁はもはや過去の話になるのだ、と。
そして背広組の防衛官僚の中には何人もが、首相の「秘蔵っ子」だからこその不安を口にしていたのだという。
信じられないことに、「傷をつけてはならないと思っていた」幹部もいたというのだ。

それらは彼女の資質と、TPOをわきまえていない服装や髪型やその言動が、制服組にも背広組をも
落胆させてしまったようだ。
エリート意識が強い上から目線の会話は、最後まで決して円満なコミュニケーションは
生まれなかったようだし、もちろん誰もアドバイスをしなくなっていたようだ。
 
 防衛相というのはポジション的に女性では無理なのかもしれないが、それでもいったん引き受けて
就任した以上は、確固たる覚悟で臨んで欲しかった。
その前からいろいろな非難をうけてはいた女性であったが、それ以上に期待もされ、そして
多くの羨みも嫉みもあったろうから、それをもっと自覚しなければいけなかったのだ。
教育を受け弁護士という仕事もなしての政界入りなのだから、それが解らぬはずは無かったろうに、
どうしてこんなことになってしまったのだろう。
おそらく本人もまだ本当の深い闇はわかっていないのかもしれない、、、。

もう少し頑張って欲しかった。
女性活用の方針で、もうだいぶ前から議員も官僚も会社も社会も、多くの女性が活躍をしはじめているが、
そのポジションにピタリとあてはまり、自然体で活躍を続けている<女性>は、
まだまだ少ないのではないだろうか、、、、残念なことである。

そして今日は、その稲田前防衛大臣の離任式があったそうです。

 今日で文月もお終い。
なんとも月日のたつ速さにただただため息の夜。

a0031363_03022730.jpg

a0031363_03014299.jpg






by pretty-bacchus | 2017-07-31 23:58 | ♥Wine & Dineワイン&食事 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://keico.exblog.jp/tb/237417292
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by rain_grace at 2017-08-03 22:04 x
こういう…ひょっとして聞くことも出来ない様な、コメントを聞くことができるのもpretty_buccus様のブログの魅力の1つなのです。暑い中を病院通いで大変でしたね。だいぶ前にブログを持っているか、お尋ねされましたが、私などが読むに値する内容を書けるはずもなく、読み手に回っている次第です。
Commented by pretty-bacchus at 2017-08-06 05:11
rain_graceさま、おはようございます。
いつもご覧いただきありがとうございます。
このブログでは政治のことや人様の悪口のような事は書かないにしようとおもっているのですが、今回はついつい書いてしまったわけです。
活躍する女性には日本女性として頑張って欲しいと思っているので、今回はなんだか情けなくなっています。

名前
URL
削除用パスワード


<< もうツクツクボウシが鳴き始めました      すてきな贈り物をいただきました >>