週末はシャトー・ドゥ・ティルガンの赤ワイン2012年の試飲
2017年3月18日 土曜日 晴れ

 一昨日電信柱に打った額の下の目尻がどうやら内出血をおこしているようで色が変わってきてクマになり、
眼が小さくなって下がってきてしまった。
あまりの瘤に驚いて、昨日近くのホームドクターに診ていただいた。
“まあ、、、脳みそが一杯詰まった頭が重かったのでしょう、、、などとおっしゃっているが、
いえいえ実は太りすぎで、時には体のバランスをこわすのかも知れないのでしょう、、、。
今週は眼科の予約もあるので、それまで待てるかしら?
子供の頃には、“タンコブができた〜〜〜って、ガキ大将がよく泣いていたのを思い出している。

 それにしても回りに転倒の多く話はつきない。
八十四歳のT御大は、まだまだご健在で会社の会長さんもなさり、お休みはテニスにゴルフなのだが、
せんだって雨があがった秋葉原の交差点を渡っていて、横断歩道の白いラインがきらりと光ったら
つるりと滑ったそう。
横になって車道に滑り出されてしまったら、目の前に大きなトラックが急ブレーキで停車? 
運転手さんがすぐにおりてきてくれて抱き起こしてくれて、回りの人たちが拍手だっとのこと。
良かったですね〜〜〜!

この話をせんだってKチャンにしていたら、彼女も数ヶ月前にマンホールにちょっとつっかかって前に倒れて
顔面をうってしまったとのこと。若い彼女でもそうなのだから、私たち老年はもっと気をつけた方が
よいのでしょうね。
Iさんは打撲時の傷が、整形医の不埒さで血腫がやがて壊死にいたって大変な思いをなされてしまっている。
感染症を避けるためずっと抗生剤を服用なさっているのも辛いことでしょう。

a0031363_19592921.jpg
(ガラス越しに、ベランダのエニシダは今を盛りか?)

 せんだってのChateau de Tiregand <ベルジュラック ブラン2016>に続いて、
先週フランスから入ったワインの試飲?
試飲といっても以前のように何人もお招きして試飲会をすることはなくなったので、
それぞれのワインを長いこと愛飲してくださっている友人と一緒にいただく感じ。

a0031363_2013571.jpg


 優しい芳香が立ち上り、ふわっと口の中に広がるブーケは優しく重厚な味わい。
このメルローの優しさとカベルネソーヴィニヨンの味わいがなんともいえない。
(シャトー・ドゥ・ティルガンの赤はA.O.C. PECHARMANTだが、ボルドー右岸のワインに近い品種で造られ、
メルロー54%、カベルネソーヴィニヨン23%、カベルネフラン18%、マルベック5%)

ヴィンテージ2012年 は、Cuvée Grand Millésime と共に パリの農業博のコンペで銅賞受賞に輝いている。
(ヴィンテージ2011年 Cuvée Grand Millésime と共に パリのコンペで金賞受賞)

a0031363_2034924.jpg

十二世紀にまで歴史をさかのぼる八十数ヘクタールの城内で、フランスのエコ栽培を初期から取り入れて
有機栽培で葡萄や農作物がつくられ、一ヘクタール当たりの生産量を少なく抑えて丁寧に育てられた葡萄は、
もちろん手摘みされ、丁寧に醸造されて良質のワインが造り出されている。

白、赤とも新しいヴィンテージが20ケース限定で毎年日本に入ってくる。
サンテグジュペリ伯爵とのおつきあいもすでに二十数年になる。
ありがたいことで感謝している。

http://keico.exblog.jp/23729613/
2017年3月16日 木曜日 曇り
ベルジュラック ブラン2016と春野菜と桜エビとそら豆の土鍋炊込飯 


 〜〜〜〜〜〜〜〜〜
2005年には、伯爵を、私の<ペリゴール地方写真展「ドルドーニュ・ペリゴールへのいざない
−魅力あふれるフランスの地方を めぐるno.1」2005年1月11日〜28日 日仏会館にて開催
に日本へお招きした。

日仏会館・日仏協会
http://keico.exblog.jp/i20/
◉PhotoExpo写真展東京奈良Jan

http://keico.exblog.jp/1586550/
2005.01.25
満月に フランスより着きし王子様
a0031363_305288.jpg

日仏会館の理事の吉田寿々子さん、生野理事、サンテグジュペリ氏、菊池丘さん

http://keico.exblog.jp/1602681/
2005.01.30 奈良にて
サンテグジュペリ伯爵をお招きして奈良での写真展

http://keico.exblog.jp/1621254/
2005.01.30
サンテグジュペリ伯爵をお招きして奈良日仏協会写真展

by pretty-bacchus | 2017-03-18 23:58 | ♥Wine & Dineワイン&食事 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://keico.exblog.jp/tb/23734173
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by nanahan at 2017-03-21 07:02 x
飛んだことでした。お大事になさって下さい。ワインが傷を癒やします
Commented by pretty-bacchus at 2017-03-24 00:13
ありがとうございます。
人生なにが起こるか、ほんとうにわかりませんね。

名前
URL
削除用パスワード


<< 春本番、ひよどりじょうごの芽が...      素敵な女性とのお食事って幸せで... >>