クリニックと大学病院のかけもちで老後の医療を考える
2017年7月19日 水曜日 晴れのち曇り 梅雨が明けた

 朝一でワタシがまず近所のクリニックへ。
背中の痛い個所が内臓のどこかの個所だと心配だったが、どうやら膵臓も肝臓も腎臓の個所でもなくて、
妙に一安心。
ではどうして?
寝違いとかでこんなにひどい痛みが来るのかしら?
どうやらそういうことはあるらしい。

 人生ではじめてのむ痛み止めのロキソニンとシップを薬局でいただいて、ともかく食事をして
薬を飲んで数時間うとうとしたらだいぶ良くなった。

a0031363_03492456.jpg


 歩くのがあまりつらくなくなったので、午後遅くに連れ合いが入院している病院へ。
こちらでは予定外のことが起こっていて、主治医の先生とT先生とにお話しをうかがった。

心臓にカテーテルをいれての治療がうまくいかなかったようで、軽い麻酔のはずが、数時間たって
夕方になっているのに、様子がおかしい。
手術室の集中治療室から循環器の階の集中治療室にもどってきていたが、いくつものチューブに繋がれていて、
口には酸素吸入器? 鼻には詰め物? どうしてしまったのだろう?
布団はかかっているが、手術着は下の方にめくれていて肩がでていて寒そう、、、。
いつも思うがこういうところはドクターも看護士もあまり気にしないよう。

 突然すごい勢いでうつむきになって起きたい様子。
急いで看護士を呼んだ。チューブを外してもらったらニコニコ。
でも私たちをわかっていないゆ、、、、。車いすに乗せられて部屋をでた。
にこにこ笑っているが、T先生のこともワタシのこともわかっていないような感じ

夕方からずっといらしてくださったT先生も心配そう。
ちょうどお着きになった主治医のM先生にお話しをうかがうことができたが、
先生方にもおわかりにならないことが起こっているのかもしれない。

 ナースセンターで食事をすませて戻った彼は、今度はすぐに眠りについた。
どうなってしまうのだろう、、、、心配だが病院におまかせするしかないが、この階のナースの方々は
前の入院の階のナースの方々(皆さん素晴らしかったのだ)とはなんだか違う。

 心配な夜がふけていく、、、、。



by pretty-bacchus | 2017-07-19 23:58 | ★Hospital 病院、病い、お洒落 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://keico.exblog.jp/tb/237263182
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented at 2017-07-22 08:38 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2017-07-22 22:39 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by pretty-bacchus at 2017-07-23 06:10
ゆうこさま、おはようございます。
病はほうとうにたいへんですね、、、、。
ブログで公表できないようなことがいろいろ起きてきますが、まだまだ大丈夫だと思います。
お心遣い心より感謝いたします。

Commented by pretty-bacchus at 2017-07-23 06:16
Mさん、ご心配をおかけしています。

歳を重ねると本当に無理がきかなくなりますね。
なるほど<高齢になると麻酔からの覚醒にだいぶ手間どる>なのですね。
今回は結局ステントができなかったようなのですが、いずれと云う感じです。

名前
URL
削除用パスワード


<< 地元の<わかば>で鯛焼きを買っ...      一人は入院、もう一人は背中に激... >>