若い友人が誕生日の宴をひらいてくれました、涙、なみだ、、、、
2017年7月15日 土曜日 晴れ 真夏日も十日だそうです

フェデラーの見事なテニスをみながら、年齢の境界線を越えた。
歳を重ねてからはいつもこの誕生日前に日と後の違いがずしんと響くようななってきている。
ほんとうに歳をとったものだ。
特に最近は外見にも現れてきた、、、、顔にシミができはじめたし、首回りに小さなぼつぼつが
できたりしている。
とても疲れやすく、時には眠くてしょうがなく、午後にうとうとしてしまうことが多くなった。

これが歳をとったということなのかと母に話してみても、“気持ちの問題ですよ、と一括されてしまう。
九十七歳恐るべしで、いつも励まされているが、時には辛くなってしまうこともある、、、、。

 夜が明けてメール、ミクシー、フェイスブックなどで誕生日の<お祝い>メッセージが続いた。
そのうえ、JALや富士フイルム、宅ファイルまでカラフルなメールが届いて、
Web時代をしみじみと、あらためて実感してしまっているが、、、。
皆さまありがとうございました、と手をあわせた。

a0031363_01190655.jpg
a0031363_01192815.jpg

 母から夕方に留守電が入っていて、“ケイコチャン ハッピイバースデイデスネ。
生まれてきて幸せだと思っていますか? ワタシは幸せ一杯ですよ。これからゆうじと食事です。
泣き言を言わないで頑張ること。ではまたかけますね”
ワタシってあまり泣き言を言わない子だったのに、今のワタシをみているのかしら? 母はすごし!

 夜はU&Sさんが誕生日の宴を催してくださった。
ふくさんの鱧中心の特別メニュー。シャンパンで乾杯のあとは、ピゼイの黄昏時のロゼ、
赤牛の溶岩焼の時にはゲラルディーニと最後はコンテルノファンティーニのバローロ2001!
お料理もワインも美味しかったが、若いお二人の現在のお仕事のお話しを聞きながらのふた時半はなんとも
最高! 二十歳以上も違うのに時には同じ時間を共有していたのではと思われる彼らの<大人感>、
そしてさすがに今の時代を生きるいるお二人の頼もしさをしみじみと感じていました。


a0031363_00002990.jpg
(まずはシャンパンで乾杯!)
a0031363_00012618.jpg
(本日の特別メニューを用意してくださった。この碗は
鱧 玉蜀黍ふきながし、湯葉、モロッコいんげん)

a0031363_00044579.jpg
(熊本あか牛溶岩焼)

a0031363_00065402.jpg

 ふくさんが用意してくださったバースデーケークのロウソクを消して、彼らからの花束をいただいて
ワタシはもう涙腺が壊れっぱなしで眼が真っ赤。
(恥ずかしい写真ですが記念にアップしておきましょう)
 ありがたい一日がすぎていきました。
かなりまいっていますが、もう少し頑張って生きていこう、、、と決心した夜でした。

a0031363_00074837.jpg

a0031363_00082908.jpg
(泣き顔で、、、、)

#IMAGE|a0031363_00090658.jpg|201707/20/63/|mid|862|575#]

〜〜〜〜〜〜〜
(写真追加)

#IMAGE|a0031363_00094629.jpg|201707/20/63/|mid|862|575#]

#IMAGE|a0031363_00113651.jpg|201707/20/63/|mid|427|622#]
(美しいですね〜〜〜!)


by pretty-bacchus | 2017-07-15 23:58 | ♥Person父母,師友人,人生の宝物 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://keico.exblog.jp/tb/237232279
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
削除用パスワード


<< だらしないことに一日ダウン      バースデーイヴは久しぶりのすし... >>