バースデーイヴは久しぶりのすし秀さんでした
2017年7月14日 金曜日 晴れ バースデーイヴに

 “来週からまた入院ね。今日は何が食べたいですか〜〜〜?
“お寿司が食べたい、ということで、ワタシのバースデーイヴも兼ねて久しぶりにすし秀さんへ出かけた。
相も変わらず満席のようだが、今夜は皆さん早いお客さんだったようで九時前には始められた。

 秀さんも今年の初めからの大きな手術のあと無事生還しているので、連れ合いと以前よりますます
お話しが濃くなっていて、男同士の関係っていいな、、、って、そっと見守ることにしている(のだが、、、)

誰も他のお客さんがいらっしゃらないし、二人は久しぶりの丁々発止?で楽しそう〜〜〜。
最後のそれは、どういうわけか、ある意味ワタシに対してのセクハラとも思えるいじめ的な発言が多いが、
親しい故なのかも知れない、、、。
笑いが多く、ワタシがすこしだけ我慢をすれば、どこか楽しい時がすぎるのだから不思議な一瞬だ。
いずれにしても日本のほとんどの男達は、どこかに女性軽視の思いがあるのに、今の世の中では
それをあまり言えないことに、日本男児のDNAとして忸怩たる思いがあるのだろうから、こういう会話は
許したくなるのがワタシの思いやりと優しさ?、いやワタシの甘さなのかも知れない、、、。

a0031363_18471719.jpg

 前菜にはイカと鰺、めずらしく大きなサザエの壺焼きもいただいて、にぎりははしりのシンコから始めた。
美味しいな〜〜〜! やっぱりお寿司って大好き!
(今の時期のさざえはとても美味しいというので、お刺身ではなくて壺焼きで)

ワインはもちろん先月にエアーでいれたシャトー・ドゥ・ピゼイの樹齢六十五年の白!

a0031363_18481637.jpg
(二種類のウニのたべくらべもたのしい、、、、!)

a0031363_18480205.jpg
(うちのオジサンも元気になってくれて、、、、ほっ〜〜!)

 デザートは、これもはしりの夕張メロンをごちそうになった。
まだ暑い夜半に家路について、この歳の最後の数十分を静かに静かに、、、、。
それにしてもこの数年ほんとうに歳をとったと思う。
一年一年がおそろしく早く過酷にすぎていく、、、。
でもなんとか乗り切れた一年に感謝をこめて、しばしひとりで黙祷。

 パリではキャトーズ・ジュイエ、革命記念日、パリ祭だ。
今頃は新しい大統領が大砲に先導されてフランス車のデーエスに乗ってシャンゼリゼを
行進しているころだろう。

そして京都では祇園祭の宵山。
昔むかしの沢山のなつかしい思い出とともに、この齢の最後の夜が更けていく、、、。
 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
( 真夜中前にパリの友人から誕生日メールが入ってアップしてみたが、ジフがうまく動かない、、、)



by pretty-bacchus | 2017-07-14 23:58 | ♡Daily life日々の事など | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://keico.exblog.jp/tb/237212521
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 婆美以 at 2017-07-18 15:11 x
お誕生日おめでとうございます💐
美味しい物をちゃんとおいしく頂けて、何よりおめでたいですね!
どうぞこれからもお揃いでお健やかにお過ごしになられますよう❤

めい御様に若き日のkeikoさまの面影が!(^^)! きっと小母さまを見習ってグローバルにご活躍されるのではと、想像するだけでこちらまで気持ちに活力が出ます。『若いっていいな』その有難さを今頃実感しています。
Commented by pretty-bacchus at 2017-07-21 05:12
婆美以さん、ありがとうございます。
今の時代に生きていく女性はうらやましいですね。
でも、母の時代の女性には私たちのことをそう思ったのかもしれませんね。

名前
URL
削除用パスワード


<< 若い友人が誕生日の宴をひらいて...      牡丹海老と甘海老が沢山とどきました >>