久しぶりに母と姪御たちとアルゴで昼食でした
2017年7月10日 月曜日 晴れ 

 青い朝顔が一輪咲いた。まだまだ遠慮しているような感じ、、、、
可愛いですね〜〜〜! 

a0031363_01570007.jpg


 母と弟と姪御たちと一緒にお昼をいただいた。アルゴの社長もわざわざおいで下さり恐縮。
吹上御所を俯瞰する窓側の良い席をくださってありがとうございました。

 今年の春にお母さんをなくしたので、まず最初の杯は陰膳で献杯。
一年前に変わったシェフとホールの皆さんは、つかず離れずのサーヴィスで、心地よいふたときを
過ごすことができた。ありがとうございました。 

 帰国子女の彼女たちは何もかもが珍らしいようで、自分が大学生の頃の自分を思い出している。
こんなに幼なかったのだろうかあの頃は? 九十七歳の母はさすがに歳をとった感じだが、
フルコースのフレンチを全部いただいて、ワインも飲んで私たちより元気のよう、、、、。
ありがとう、ママ!  

a0031363_01562393.jpg
(母は九十七歳になりました)

a0031363_01563024.jpg

a0031363_01561196.jpg


 コレクションの時計やアクセサリーやヴィットンの赤いバック、パールのブレスレットなどを
もらっていただいて、十年前まで使っていたサンローランやジヴァンシーやヴェニスのガラスの
ファンシージュエリーのイヤリングも、葡萄関係だけ手元に残して、箱のまま持っていってもらうことにした。
まだ一度もつかっていないものもあるので姪御達が使ってくれると嬉しいな、、、。 

暑い午後を帰る彼女たちを見送って、見えなくなるまで手を振って、、、なんだかウルウル、、、。
ユミコちゃん、カズナちゃん、大学生活もあとわずかです。頑張ってくださいね!

a0031363_01564040.jpg

a0031363_01564835.jpg




by pretty-bacchus | 2017-07-10 23:58 | ♥Person父母,師友人,人生の宝物 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://keico.exblog.jp/tb/237164790
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
削除用パスワード


<< 梅雨があけないのにセミが鳴き始...      行灯仕立ての朝顔四鉢とフロッギ... >>