夏至の一日はとても長いが残された日々は少ないのだろうか
2017年6月28日 水曜日 雨のち曇り N先生オフィスへ

 片付けておきたい事は山ほどある。
ひとつづつ始めないと残された時は少ないかも知れない。

 山梔子の香りに送られてでかけた。
N先生オフィスで一時を過ごして今後のことを相談。
こんなふうにして最後の時までよろよろと一歩一歩なのだろう。
 
a0031363_00090053.jpg


 夏至の一日はとても長い。
東京の日の入りが午後七時をすぎることってあまり実感としてないので、
帰宅してすぐに屋上に上がってみた。
太陽は西の空に沈み行くのをはばかるように雲のあいだを泳いでいた。

日の出入・月の出入 (東京)
  日の出 04時27分  : 日の入 19時01分
  月の出 08時50分  : 月の入 22時18分

 眠くて眠くてどうしようもない、、、💤💤💤。
若い時には感じなかったこの眠さはなんなのだろうか、、、、。

a0031363_00110289.jpg

a0031363_00092413.jpg




by pretty-bacchus | 2017-06-28 23:58 | ♡Daily life日々の事など | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://keico.exblog.jp/tb/237130653
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
削除用パスワード


<< 松川玉堂先生の二十八回目のお習...      ブラン、ロゼ、モルゴンのあとは... >>