M先生のクリニックへ経過報告に
2017年6月19日 月曜日 晴れ

 まずM先生のクリニックへ経過報告にうかがった。
先生の速い判断で大学病院に緊急入院したのがよかったという皆さんの結論。

a0031363_01584638.jpg

ご挨拶のお菓子は<若葉>の鯛焼き。
東京の三本指に入るたい焼き屋さんで、いつも行列ができている。
中でいただくこともできるし、一つ買って食べ歩きをしているオジサンもいる。
お使い物の時は、電話をしておくと十個単位で箱にいれてリザ-ヴしてくれるので待たずにすむし、
ちょっとした時に重宝している。

 様々の紆余曲折があったが、エアーでシャトー・ドゥ・ピゼイのボージョレブランとロゼ
<ロゼドゥソワレ>が成田空港に到着した。十年ぶりに日本に入ったので、
パスカルデュフェートルのファンは心待ちのようで、なんだかとっても嬉しい。
本当なら現地で別のモルゴンとかブルーイとか別のアイテムも試飲をしてからにする予定だったが
渡仏中止でそれはかなわなかった。

いずれも樹齢六十五年のシャルドネのブランと、ガメイのロゼはどんな風に梅雨時を彩ってくれるだろうか?
ご案内したのは三十数年のピゼイのファンでいてくださる数十名の方だけだが、
彼ら彼女の喜ぶ顔が眼にうかぶようだ。

 ロゼには<黄昏時のロゼ>と名付けた。
今年の初夏はロゼワインが話題になっているようで、さて私たちはどんな風にして楽しもうかしら?
皆様へのご案内の一部

 ロゼ ドゥ ソワレ< Rosé de Soirée >題して <黄昏時のロゼ>
それは 夕べの一時を心ゆくまで彩ってくれることでしょう。
繊細な色合いを愛でながら華やかなブーケが立ち上がり、
  バラの香りとなって 口中に広がっていきます。
爽やかさと優しさに満ちあふれたロゼはアペリティフとして最高でしょう。
炭酸のウィルキンソンを注ぐと細かい泡がたちあがり、
ロゼの発泡酒のようにお楽しみいただけることでしょう。 
黄昏時に、オールド・ファッションド・グラスに大きな氷を一つ入れて
ワインを注ぎ、カラコロと揺らしながら、若かりし頃を懐かしむのも素敵かもしれません。
 
 
 かたやパリではパリ国際航空ショーが始まった。
世界最大規模の航空・宇宙産業の展示会で、パリ郊外のルブルジェ空港で行われる。
今年は、三菱航空機が開発している国産初のジェット旅客機「MRJ」の実機を初展示されているという。
このジェット機に乗れる機会はやってくるのだろうか。

 このルブルジェ空港にも沢山の思い出がある。
ガンス氏やピノー氏のプライヴェートジェットは、いつもこの空港から離着陸していて、
ボルドーに向かったものだった。
ピノーさんのシャトー・ラ・ツールやガンスさんのシャトー・カデボン、そしてフィリピーヌ ロッチルドの
シャトー・ムートン・ロッチルドなどでの会に参加させていただいたのだ。

今思うとなんと恵まれていたことかと驚くばかり。
エールフランス航空をやめてからの1980年代後半からの二十年弱は、当時の日本人女性としては
希有な貴重な面白い体験が一杯の我が第三の人生だったのである。
フェルメール展の特別展も、パパロッティーとの食事も、グラインドボーンのオペラも、
新ボルドーオペラ劇場のイノギュレーションギャラも、エリーゼ宮も、
そして食とワインと文化の世界もなにもかも、彼女たちからいただいたご縁から生まれたものだった。

http://keico.exblog.jp/tags/♥回想のわが巴里の街1980~1990/
http://keico.exblog.jp/14195254/
2011年12月20日 火曜日 雨 
☆回想のわが巴里の街 ~ 我が人生を振り返って
我が人生を振り返って

http://keico.exblog.jp/13799497/
2011年12月18日 日曜日
☆回想のわが巴里の街~フランス人との交流歴 

a0031363_2329364.jpg
(サンテミリオングランクリュクラッセに返り咲きを祝って、オーナーのベルナールガンスに送ったもの)、1996年)

ラポルトニューメロゼロ。そうプライヴェートジェットの搭乗口は空港の一番右端の小さいゲートだった。

 かたやこのパリ国際航空ショーの時期には世界中の各分野の仕事人がパリに集まる。
ホテルリッツや高級ホテルでは、黒い背広の男達が数人ずつうごめいて、なにやら死の商人のようだと
友人が言っていたのを思い出した。
いろいろとなつかしく思い出している。

a0031363_2349502.jpg (翼をあれが巴里の灯か! ボルドーからパリへプライヴェートジェットで向かう折りに)

(フォッカーセブンの機長室からとったスナップは、気に入ってプライヴェート絵はがきにした。
私が楽しめるのはせいぜいこのくらい?)
http://keico.exblog.jp/10584167/
2010年5月8日 土曜日 曇り
Memoires du Voyage 旅の写真を絵はがきに

 今頃はそのあたりを歩いていたかもしれないのだが、、、。
こうして日本でゆっくりしていたほうがきっとよかったにちがいない。

 夕方に美容院へ。
夏のカットにしてすこしすっきりとして、だいぶ元気になったような感じ。

by pretty-bacchus | 2017-06-19 23:58 | ♡Daily life日々の事など | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://keico.exblog.jp/tb/237112480
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
削除用パスワード


<< 『やすらぎの郷』の着物姿の野際...      ただただ横になっていた雨の日曜... >>