ロジャー・フェデラーとラファエル・ナダルの全豪オープン決勝戦
2017年1月30日 月曜日 晴 四月の陽気とか

 真夜中放送のテニスの全豪オープン男子シングルス決勝を見てしまった。
ロジャー・フェデラーと、長年の宿敵ラファエル・ナダルの試合はすばらしかった。
フェデラーは三十五歳、ナダルは三十歳、技術に加え体力と精神力ともの戦いだったどう。
ファイナルセットまで持ち込んでまさに死闘!
最期の行方はメンタルが武器のナダルに傾いていたと司会者が言ったとたんに、フェデラーは更に
上まわったような感じ。

最期のセットは一球毎に観客はスタンディングオベーション!
3時間37分におよぶフルセットマッチを制して、七年ぶり五度目の優勝を飾った。
半年間コートを離れていたフェデラーは見事に復活してグランドスラム優勝は自身が持つ史上最多記録を
更新し通算十八回目だそうだ。そして史上二位の高齢戴冠。

 おめでとう〜〜〜〜!
テレヴィを前に拍手をしていた。
二人の優勝インタビューも素敵だった。
友人であるという彼らはお互いに称えあって「来年また会おう」と。
史上最高の観客動員となっていた会場からは拍手拍手。

いいな〜〜スポーツの世界って!
特にテニスはテレビをBGMに他のことをすることはできないので、じっと釘付けの三時間四十分だった。

a0031363_18552415.jpg
(オカダさんのお店はまだ改装をするらし、、、、三年目でやっと落ち着いてきたのに、、、)

 今週はゆっくりしたいと思っていたのに、どうやらそうもいかなくなってきた。
それにしてもまだあちこちいたい、、、、。

by pretty-bacchus | 2017-01-30 23:59 | ♬Theaterオペラ演劇スポーツ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://keico.exblog.jp/tb/23594146
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
削除用パスワード


<< 睦月最期の一日になってしまいま...      妙高高原から雪の便りが届きました >>