青空の午後に遅れた初詣に須賀神社まで歩きました
2017年1月9日 月曜日 雨のち曇り青空に

 午後一で青空がでてきた。
やっぱり青い空に白い雲っていいな!

a0031363_2322879.jpg

(最後のひよどりじょうごの葉が風に揺れて、、、、、)
a0031363_23224964.jpg


(やがて雲が多くなり、、、、夕陽がビルの陰に落ちていく、、、、)

a0031363_23242144.jpg



 遅かりしだが松の内にいかれなかったので、地元の須賀神社へ初詣にでかけた。
二丁目までゆっくり歩いて左に曲がると遠くに社殿がみえるが、坂を下ってすすみ、

a0031363_2325752.jpg


さらに四十九段の急な石段を昇らねばならない。
昇りきって右に緑の屋根の重厚な社殿がみえる。
七草まではすごい人だったようだが、今日はちらほらの人。

a0031363_23255541.jpg


a0031363_23262153.jpg


 鳥居をくぐり、手水舎で手を洗い身を清める。
拝殿の前のお賽銭箱の上から吊るされている鈴をならしてから儀式通りに参拝。
どうぞ、、、、、、、、と、いろいろお願いして長い時間手をあわせた。
可愛い巫女さんがいた本殿脇で小さな絵馬のついた小物を購入。
連れ合いはお神籤をひいて<大吉>と喜んでいる。

a0031363_2327166.jpg

a0031363_23274298.jpg

a0031363_23281045.jpg


a0031363_23332428.jpg
(スナップいいですか? はい! ブログに載せてイイですか? はい〜〜!)

 須賀神社は江戸初期より四谷の地に鎮座する四谷十八ヵ町の鎮守様。
須佐之男命のいわれのある、水をつかさどる農耕の神様であり、人々のために植樹の大業をなされた
山林の神様でもあり、また和歌の神様として崇められている。
天保七年に画かれた三十六歌仙が社宝として残っている。
http://www.sugajinjya.org/about.html
須賀神社

 帰りは階段を降りるのをやめて、右側のほうに回り、だらだらと長い坂をくだってあるいた。
このあたりはお寺が多く、服部半蔵の墓がある西念寺など、また文人や歴史上の人々のお墓もある。
途中の宗福寺には江戸後期の刀鍛冶「四谷正宗」といわれた名匠源清麿の墓地もあった。

 新宿通まで歩いたがさすがに疲れた。
こんなことでは今年は乗り切れませんね〜〜〜と、、、、。

a0031363_2334077.jpg


by pretty-bacchus | 2017-01-09 23:58 | ♡Daily life日々の事など | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://keico.exblog.jp/tb/23540856
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by nanahan at 2017-01-14 22:29 x
このお社の天井の絵画を拝観に
伺ったことがあります。江戸中期の素敵な絵でした。
長谷川鬼平の墓もありますね
Commented by pretty-bacchus at 2017-01-16 16:27
nanahanさん、この絵はすばらしいですね。
長谷川鬼平のお墓もここでしたか。また行ってみます、、、、。


名前
URL
削除用パスワード


<< 松川玉堂先生の二十回目のお習字...      暗い日曜日に大相撲初場所が始ま... >>