皆様今年も一年ご覧いただきありがとうございました。
2016年12月30日 金曜日 晴れ

 一昨日はこの一年の世界の出来事と、プライベートいろいろを振り返っていたが、このブログ上でも
多くの驚きと出会いがあった。
今はこのブログという形はただ単に<ワタシのウェブ日記>だけではなく、
<温故知新>>故きを温ねて新しきを知る大きな存在になってしまっている。

http://keico.exblog.jp/22075676/
2016年1月4日 月曜日 晴れ
ブログの<カテゴリ>の整理をしました

 まったくお目にかかったことがない方からのコメントや鍵コメントに驚嘆したり、
フェイスブックからの書き込みがあって感動したりと、とくに今年は多かった。

http://keico.exblog.jp/23450209/
2016年12月5日 月曜日 晴
ネット時代に、自分のウェブ日記を顧みたりして

<検索キーワード>では、どんな言葉で検索されてこのブログに飛んできたかがわかるので、
思わずほ〜〜と思う事がある。
その検索語でグーグルでひいてみると、思わぬ発見があってまたおもしろい。
わが友ホロゴン・わが夢タンバールのultrawide.exblog.jpホロゴンさんも、書いていらっしゃるように
<ネットが私の個人資料館となる>わけだ。

 PCを使い出したのは、1970年代初めのパリの駐在員時代からで、このネット時代に
ひとあし早くのめり込んだのは1985年のアップルからだったが、こうしてに三十数年のあいだには、
その環境が激変した。
そしてブログを、自分のウェブ日記という立ち位置として十三年がたった。
オープンになるものだから、ワタシの全てと言うわけにはいかないが、右サイドバーの下の方の
以前の記事>で、そういえばあの頃はどうしていたのだろう、とアットランダムにクリックしてみると、
思わぬ発見があって、驚いたり感激したり、そして悲しくなったり、、、、と、
自分の人生の一端がわかる。

カレンダーの下の<検索>に、<悲しい>といれてみたら、まあ出てくるは、そんなに悲しいことが
多かったのだそうか。中には非公開で書いた日のブログまで出てきて、もうビックリ。
<母>と入れたら、どこまでいっても終わらない、、、、

 ことし一番驚いたのはKさんがフェイスブックにアップしてくださった、私の若い頃の写真!
それも年にたった一度の誕生日に。
誕生日の朝には友人達からのA Happy Birthday! メールが続いて涙〜〜〜〜涙。
フェイスブックから入るのが一番多かったのはウェブ時代故だろう。
フェイスブックでは友人登録してある方には連絡が入るようで、それゆえのHappy Birthday! メールなのだろうが、それはそれでイイではないか!

http://keico.exblog.jp/23005143/
なぜか涙がとまらない、嬉しいのか悲しいのかわからない誕生日
2016年7月15日 金曜日 雨のち曇り 
「人がボウリングのピンのように」 仏革命記念日の惨劇のニュースは、辛いつらいニュースだったが、その日にとどいたK氏からのフェイスブックからの書き込みは衝撃的だった。

http://keico.exblog.jp/23005206/
2016年7月16日
誕生日に届いた五十年前の写真と詩 

Kさんが送ってくださったのは、1960年代後半のことだろうから四十八年前?

a0031363_124310.jpg


a0031363_48168.jpg
(そして昔、私の旧姓に韻を踏んで書かれた私への賛辞の句も!)

え〜〜?え〜〜! ショートカットでとても痩せていた頃だから、
エーフランスに入社して間もなく撮っていただいたこの写真の頃だろうか?

(以前にブログに何度かアップしているが、、、、

a0031363_17195943.jpg  









(入社の年かな?)

(クリスチャンディオールの濃紺のユニフォームだった)


a0031363_17205887.jpg 
(パリの駐在員の頃)


 Kさんとは日仏会館のフランス語の学校で知りあった。背の高い謡曲をなさる素敵な男性だった。
そのクラスには徳川家のお嬢様、音楽家の土谷さんなど、バレーダンサーなど将来には
フランスにいかれる方が多かった。
レイモンオリヴェーの奥様になった角田鞠さんもいらした。

 Kさんとは親どおしが何があったか詳しく知らないまに疎遠になってしまった方!
このブログにも一度書いているが、家の片付けをしている時に出てきた<昔の手紙の束>に
この方のお手紙が残っていた。
人生って不思議でなんとおもしろいのだろう!

http://keico.exblog.jp/12897874/
2011年6月15日 水曜日 曇り
梅雨の間にいにしえのふみそっと見て>>梅雨深しいにしえのふみそっと見る

その後わかったことには、どうやら大きな誤解があったようなのだが、パリのエールフランスでのカウンターで、私が彼に話した言葉まではっきり覚えていらっしゃるというから、怖くてそれを今さらうかがうことが出来ないでいる。
歴史に<もし>はないというが、私の人生に<もし>があったら、
私はいまごろどうしていただろうとふと思った誕生日でした。

ブログで書いたその後に、私が始めてのローマ(1965年)から、Kさんに送った絵はがきも
彼はまだとってくださっていらしたと知り、本当に感動の涙にくれてしまった。


 そのローマでの一枚の写真は数年前にHさんから送られた写真!
なんともなつかしいことごとだろう!

http://keico.exblog.jp/14105468/
2011年12月5日 月曜日 パリへ出発
☆回想のわが巴里の街 Memoires du Voyage Paris

 (初めてのローマは1996年?)
a0031363_23583973.jpg
(40年前なのに、なんとモダンなコットンピケのアンサンブルを着ているのでしょう!
デザイナーだった叔母が創ってくれたのでしょう。 
そしてこの波打つ帽子、もうこんな帽子があったのでしょうかね〜〜?
そしてなによりも、なんと細かったことでしょう〜〜〜〜!

ハンドバックと一緒に下げているのはカメラ? 機種はなんなのでしょう? 
ミノルタかオリンパスペン?)

a0031363_16442196.jpg(www.flowerarts-violeta.com より安藤はくぶんさんのお作品)

 そしてもう一人このブログをみつけて鍵コメントから入り込んでくださった方がいる。
青山ビルの中地下にあったケイフローリストのアンドウさん。
“今デザインのプランニング中に何故か急に私の事を思い出して、ネットで検索してみたら
このブログに行き着きました”とことで感動!

当時ワタシはエールフランスから出向でメリディアンチェーンの日本代表として世界中を
飛びまわっていた頃で、オーナーの栗原さんといっしょに彼にはお花のことで随分とお世話になった。
ワタシは七十年初頭にエールフランスのパリ駐在経験を四年したことがあるので、
フランス的お花にはすこしばかりうるさかったかも知れないのに、、、彼らはとても良くしてくださった。

 その後、オランダにて花修行もなさって、今は独立なさって、ハイセンスなフラワーギフトで
舞台やジュエリーブランドイベントなどでも活躍なさっていらっさるようで、
私の<最後の花>をお願いすることにしたのだが、それより前にもいろいろお願いしたいな、、、。
http://flowerarts-unblack.com/
a0031363_17331270.jpg


 そう、、、今や、このエクスブログ
生きる歓び Plaisir de Vivre。人生はつらし、されど愉しく美しく
keico.exblog.jp
>は、
私のウェブ日記としてなくてはならない存在になってしまった。
それはここ十三年だけでなく、私の人生の記録として燦然といぶし銀のように輝いているような
気がしてしまう。
悲喜こもごもを時には恥を忍んで書き綴ることも、それは間違いなく私の生き様であり、
生きてきた一日一日の小さくも大きな歴史なのだ。

 毎日ブログを書いていらっしゃるホロゴンさんも言っていらっしゃいますが、
<ブログ作成は今生きる行為なのです。作ることに人生の意味があるのです>と。

 そして今年ブログで残念なのは、NKさんこと倉谷さんがブログを休止なさってしまったこと。
先生と親しいノリさんにうかがったら、数年前の骨折がまだ尾を引いて病院通いをなさって
いらっしゃるようなので、どうぞときどきご様子をお知らせくださいね。

 また残念なことは、去年に詳しい消息がわかった高校時代のデヤマクンと、今年もあえなかったこと。
ブログをお知らせしたのだが、それがいけなかったのかもしれないと、ふと思うのです。
 
 皆様 今年一年ご覧いただきほんとうにありがとうございました。
来る年もどうぞよろしくお願いいたします。

どうぞ 佳いお年をお迎えください。

 〜〜〜〜〜

 
 Kちゃんからのラフランスのコンポートとジャム、母からのお餅もついて、いよいよと云う感じ。
最後の夕食はM御大とご一緒にお寿司屋さん。

a0031363_15263594.jpg
(今年最後の一杯はガメイの色で!)

 ワインの中には知恵がある。ビールの中には自由がある。水の中にはバクテリアがいる
  In wine there is wisdom, in beer there is Freedom, in water there is bacteria
 ベンジャミン・フランクリン

a0031363_1527228.jpg
(M御大からのお花は楚々とした白い水仙!)

a0031363_15285469.jpg
(熊本からの若竹の先付けと、なまこ)

季節のおつまみの中に銚子のワタリカニもあった。
北海道の毛ガニやタラバ、福井あたりのズワイガニ、京都の香箱がにといろいろあるが、
銚子のワタリカニも絶品!

a0031363_1531081.jpg
(最高に旬のお刺身五種)


今年も一年ありがとうございました。
by pretty-bacchus | 2016-12-30 23:58 | about myblogブログ考、その他 | Trackback | Comments(5)
トラックバックURL : http://keico.exblog.jp/tb/23513906
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented at 2016-12-31 21:19 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by nanahan at 2017-01-01 15:29 x
飛び切りの良き青春の写真に感動しました!!
Commented by pretty-bacchus at 2017-01-02 02:03
鍵コメントさま、どうぞお大切になさってください。


Commented by pretty-bacchus at 2017-01-02 02:04
nanahanさん、昨年は沢山コメントをありがとうございました。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

Commented at 2017-01-02 09:55 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
名前
URL
削除用パスワード


<< 大晦日に一年を振り返り、来たる...      何も出来ないままあと二日を残す... >>