フランシスダローズをかたむけながら2016年酉年の諸々を思いかえして
2016年12月28日 水曜日 晴れ


 いろいろのことがありすぎた一年だった、、、公私ともに。
一月のバス転落事故では多くの若い命が散った。友人先生のゼミの学生さんが六人もいらして、
それはそれは辛い一年の始まりだった。
三月のベルギー同時テロ、四月の熊本地震、そして五月にはオバマ大統領が広島を訪問。
六月には米で乱射事件があり五十人もの犠牲者が、一方フランスでは七月にテロで
七十五人もの方が亡くなった。ニースのあのブルバールデザングレで。
(母と一緒にあるいたのは四十年も前に事)。
その間にも欧州は揺れに揺れて、英国のEU離脱。

六月の桝添知事の辞職の後、七月終わりには女性初の都知事小池百合子が誕生。
八月の天皇陛下ご生前大意のご意向の同じ日に、海の向こうではイチローが三千本安打を達成して
史上三十年目の金字塔に涙。オリンピックがあったのも八月だった。
水泳に体操にと手に汗を握ったものだ。

北海道をおそった台風で広い範囲で畑が大被害を受けたのも八月。
その後の長雨は日照不足で農作物に影響がでました。

九月には広島が二十五えんぶりにV,
ノーベル医学賞に大隅 良典さんが選ればれて「オートファジー」という言葉を初めて知りました。
十一月の米大統領選挙の結果に世界中の人々が驚いていたし、カストロ議長が死去したのも先月だった。
そして昨日の
<安倍首相真珠湾のアリゾナ記念館でオバマ大統領と献花。日米首脳そろっての慰霊は初めて>
のニュースで今年も終わろうとしている。

 その一年の間に、ウェブ環境もどんどん変わり、映像も3Dから4Dへと。
もうそろそれついて行けないような気さえしてしまう。

 個人の生活のいろいろ起こって、疲れ切ってもうへとへと。
それでも家族や友人達に助けられてこうして元気に申年の最後を迎えられている。
二人揃っての古希の手習いの松川玉堂先生の書道も皆勤で、すでに十九回目のお稽古となった。

http://keico.exblog.jp/23497583/
2016年12月22日 木曜日 晴れのち曇り、夜半に雨 お習字
松川玉堂先生の十九回目のお習字は友人の誕生日でした

 そして最後のこの師走に新しい嬉しい出会いもあったのです。
和食の<四谷ふく>さんの福田さんご夫妻とS先生。
十年も前にオープンしたお店で、オープン食後になんどかトライして予約がとれなくて、
そのままになっていたのに、今月は二度もおじゃまでした。

http://keico.exblog.jp/23497583/
松川玉堂先生の十九回目のお習字は友人の誕生日でした
http://keico.exblog.jp/23497583/
2016年12月22日 木曜日 晴れのち曇り、夜半に雨 お習字

カウンター六席とテーブル席が二つで八人、個室もひとつある。
これだけの数なのに、大きなワインセラーと日本酒の棚、こぎれいなお手洗いが女性用と男性用がある。
板長さんがワインのソムリエの資格ももち、女将が日本酒の利き酒師というから、カウンターもお席も
食と酒の素敵なお話しが聞こえてくる。
それでいて押しつけがましくなく実に素敵な雰囲気なのだ。
荒木町あたりにはない、この自然な小粋がお店は、お二人のパーソナリティーあってのことだろう。

 コストパーフォーマンスにも優れ、今夜はカウンターで<十二月のコース仕立てのお料理>をいただいた。

a0031363_23533033.jpg

先付  壬生菜と生桜海老の温浸し
一品  せいこ蟹ほぐし 酢飯添え
a0031363_2354106.jpg

御椀  寒サワラ 京人参 蕪 優しい酒粕仕立て
a0031363_235610100.jpg

御造  天ブリ 辛味大根と再仕込み醤油で 
揚物  虎河豚唐揚げ 大浦牛蒡
煮物  縮法蓮草と煮豚を射込んだ海老芋万頭
口替  鮟肝ポン酢 アンポ柿添え 菊花・長芋
食事  牡蠣有馬煮と九条葱ソテーの土鍋飯 

a0031363_23583762.jpg

 板長の腕と女将のさりげない、それでいてホスピタリティー豊かなサーヴィスに感動。
a0031363_004013.jpg

#IMAGE|a0031363_025112.jpg|201612/31/63/|left|904|603#](S先生は日本の泡物をあがっていらした)




a0031363_051647.jpg
(食後酒はバーアルマニャックのフランシスダローズ1979。
デザートのクレムブリュレのホンノリとした苦みとよくあって最高!

彼はその昔に渋谷の小田島という和食屋さんで修行したことがあったそうで、その時に、
ワタシが扱っていたバーアルマニャックのフランシスダローズを知っていらしたのです)
a0031363_054326.jpg


 京都では、金閣寺の雪のニュース。
十一年前のサンテグジュペリ伯爵と一緒に訪れた二月の雪の京都を思い出している。

a0031363_4123544.jpg


a0031363_1859235.jpg


http://keico.exblog.jp/1621298/
2005.02.02 サンテグジュペリ伯爵、京都で最期の日
雪の金閣寺と竜安寺石庭


by pretty-bacchus | 2016-12-28 23:59 | ♥Wine & Dineワイン&食事 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://keico.exblog.jp/tb/23512539
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by nanahan at 2017-01-01 15:32 x
なるほど~日本食は「器で食べるものですね」
Commented by pretty-bacchus at 2017-01-02 02:08
ナナハンさん、それもまた味なのでしょうね。

名前
URL
削除用パスワード


<< 何も出来ないままあと二日を残す...      風が強い借景のベランには、じっ... >>