日経新聞の文化欄の今月の<私の履歴書>がおもしろい
2016年12月19日 月曜日 晴

 日経の文化欄の今月の<私の履歴書>がおもしろい。
高田賢三が執筆している。

 そのうえ昨日は、野見山曉治の<十日間のパリ>
九十七歳の画家の昔と今の巴里が素敵!

#IMAGE|a0031363_022393.jpg|201612/21/63/|right|956|1092#]



 高田賢三は、文化服装学院デザイン科師範科卒業で、デザイン科九期生では、コシノジュンコ、松田光弘、
金子功、北原明子など、日本の後のファッション界をリードする人材がキラ星の如くの同級生だった。
「三愛」「ミクラ」を経て1960年に第8回装苑賞を受賞。
四年後の1965年には船でパリへ渡ったという。
巴里一年目で幸運に恵まれて、そのデザインは友人達の縁もあり、雑誌「ELLE」の表紙を飾り、まもなく
二区のギャルリ・ヴィヴィエンヌで、プレタポルテのブティック「ジャングル・ジャップ」をオープン。
その後のファッション界、芸術界、はたまたゲイシャカイのことまで書き及んでいる。
そしてパリ・コレクションで注目されるブランドとなり世界的ファッションブランドの一つに成長した。

(そういえば前世紀に撮ったギャルリ・ヴィヴィエンヌでの友人のスナップがあるはずだ。
Mac内をスポットライトで検索したらすぐにでてきましたね〜〜〜。 1999年10月とありました。
同じ頃から巴里に住み始めて良いお仕事をしてきている親友です)

a0031363_0204971.jpg



 わたしがエールフランスの駐在員としてパリに住んだ70年代初期には、彼はすでに名前を知られていて
スターダムをまっしぐらに歩いていらした。
何度かおめにかかったことがあるが、いつも肩から斜めにバックをかけてらしたような記憶がある。
同じ時代に巴里に住んで、社会や人々の共通するところは沢山あるだろうから、なんだか楽しみだ。

1993年にフランスの有名ブランドメーカー「モエ・ヘネシー・ルイ・ヴィトン」 (LVMH) に
ブランドを売却したが、そのあたりの知られざるヒストリーをこれから披露してくれると云うから
それも楽しみだ。

 きれいな夕焼けの夕方だった。
今週はまたいろいろ予定がある。一歩ずつ歩むしかない、、、、。

a0031363_011212.jpg


a0031363_0115530.jpg


 〜〜〜〜〜〜〜
a0031363_21252852.gif

http://keico.exblog.jp/tags/♥回想のわが巴里の街1965~1973/
☆回想のわが巴里の街1965~1973

http://keico.exblog.jp/14153200/
2011年12月11日 日曜日 その一
☆回想のわが巴里の街 ーシャンゼリゼ

http://keico.exblog.jp/14105427/
2011年12月5日 月曜日 その二 巴里着
☆回想のわが巴里の街1965~1973  パリとの始まり

http://keico.exblog.jp/2077817/
2005.07.07
☆回想のわが巴里の街1965~1973>>七夕に昔の旅を振り返る




by pretty-bacchus | 2016-12-19 23:58 | ♡Daily life日々の事など | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://keico.exblog.jp/tb/23489488
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
削除用パスワード


<< 朝方に妙な夢をみました。ひとつ...      そろそろMacBook Pro... >>