上の弟 八尾莞爾の命日でした
2016年12月11日 日曜日 晴

上の弟八尾莞爾の命日。先週三回忌を終えた。
<莞爾>は論語よりいただいたと父が言っていた。
後半の十数年はあまり会うことがなかったが、二人の子供に恵まれて、地元の沢山の友人に
カンチャンカンチャンと慕われて、最後まで母と一緒の住まいで幸せだったろう。

 一昨年の十一月最後にお見舞いに行ったのが、最後になってしまった。

http://keico.exblog.jp/20461394
平成26年11月29日(土)  雨
ユーカリが丘の病院へ弟のお見舞い

 志村ふくみ先生の個展で訪れていたパリで訃報を受けて道を彷徨ったことを思い出している。
その後ノートルダム大聖堂でも祈りを捧げることができたのが、せめてもの私の心の救いになっている。

http://keico.exblog.jp/20517282
2014年12月12日 金曜日 パリ 雨の暗い朝 その一 
雨の暗い巴里の朝に弟の訃報をうけました。  
巴里四日目

http://keico.exblog.jp/20528141/
2014年12月14日(日) 霧の朝、巴里六日目
ノートルダム大聖堂とリルケ、Xマスイリュミネーション 

a0031363_9483090.jpg
(14 December 2014, Cathédrale Notre-Dame de Paris )
a0031363_9574887.jpg



 疲れ切っているので、ドクターケイコ?の指示で数日自宅静養をすることにした。
昨日のおもしろかったある祭事のブログも書けていないが、一日中ネットともPCとも別れてゆっくりと。

a0031363_1134510.jpg
(エントランスの山茶花が咲き始めた)


by pretty-bacchus | 2016-12-11 23:59 | ♥Person父母,師友人,人生の宝物 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://keico.exblog.jp/tb/23459156
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
削除用パスワード


<< 夕陽が落ちる頃に鳥たちがやってきます      久しぶりに神楽坂の大川やさんで... >>