松川玉堂先生の十七回目のお習字はシンガポールの国旗に迎えられて
2016年11月30日 水曜日 お習字

 いよいよ晩秋がさっていく。
借景のイヌシデの木の黄葉が日に日にいろずいて、午後の光にゆれている。

a0031363_5121026.jpg


 三時に迎えの車がきて黄葉の御所あたりをとおって芝のクラブへの車窓。

外交関係樹立五十周年にあわせて来日しているシンガポールのトニー・タン大統領夫妻が来日中で、
歓迎の旗がたなびく赤坂御所。こちらにお泊まりなのだろう。
皇居では、天皇皇后両陛下主催の宮中晩餐会晩餐会が開かれていたという。

 (車窓からスナップ、、、、)
a0031363_1214191.jpg


a0031363_122824.jpg


 夕方からは松川玉堂先生のお習字の十五回目。
大きな半切に二十文字の最初のお稽古。
ただただ二文字づつをお稽古したのと違い、大きな半切に全体をまとめるのはなかなかむずかしい。

a0031363_16481445.jpg

 孟浩然の「春暁」

     春眠暁を覚えず
      処処啼鳥を聞く
       夜来風雨の声
        花落つること知る多少


 十二月に初めまで出来るのだろうか、、、となぜか疲れててしまって不安な気持ち。

 玉堂先生のお誕生日で、大きな声でハッピーバースデーツーユ−!
先生にはドミニックフランスのネクタイをプレゼント。
宮内庁にもお稽古にあがる先生に国旗のこともご報告して、、、、。

 久しぶりにUさんも交えてのディナーは芝の中華で。
帰りにTさん運転の車のトヨタ・オリジンは、光り輝く東京タワーを通ってくださりカシャ!
ありがとうございました。

 十一月も今日でお終い。
すさまじかった月がようやくすぎていく。
感無量!

a0031363_1223430.jpg


a0031363_1225964.jpg



 〜〜〜〜〜
http://keico.exblog.jp/23359089
2016年11月10日 木曜日 晴れ お習字
松川玉堂先生の十六回目のお習字は、黙々と孟浩然の「春暁」

http://keico.exblog.jp/23327152/
2016年10月27日 木曜日 曇り 十五回目のお習字の日
松川玉堂先生の十五回目のお習字の日、孟浩然の「春暁」

http://keico.exblog.jp/23291023
2016年10月14日 金曜日 晴れ
初めての半切の書、孟浩然の五言絶句「春暁」をながめて

http://keico.exblog.jp/23289894/
2016年10月13日 木曜日 曇り お習字
初めての半切の書は、孟浩然の五言絶句「春暁」

http://keico.exblog.jp/23277038/
2016年10月8日 土曜日 曇りのち夕焼け
<第十九回書海社同人選抜展>で松川玉堂先生の『秋風引』を観る

http://keico.exblog.jp/23276027/
2016年10月7日 金曜日 晴れ
昭和三十六年発刊の松本芳翠の<草書千字文>をヤフオクで落札

http://keico.exblog.jp/23239888/
2016年9月22日 木曜日 雨のち曇 書道の日
十三回目のお習字は、<千字文>の内から<仁慈隱惻 造次弗離>

http://keico.exblog.jp/23212278/
2016年9月8日 木曜日 曇りのち夕方豪雨
アップルワールド>錦織圭テニス>十二回目の書道>大雨の坂下門外へ

http://keico.exblog.jp/23160245/
2016年8月25日 木曜日  晴れ お習字 大川や
十一回目習字は初唐の三体大家一人虞世南の <禪林句別集>の一節<景福降聖徳遠>

http://keico.exblog.jp/23108744
2016年8月13日 土曜日 晴れ お盆の迎え火
十回目のお習字は楷書の配置と草書のお手本

七月十四日の九回目のお習字はまたブログがかけていません。
(靖国神社へ)
http://keico.exblog.jp/22939256/
2016年6月23日 木曜日 雨のち曇り お習字の日
八回目の書道は、杜甫の「飲中八仙歌」のうち道逢曲車口流涎

http://keico.exblog.jp/22894545/
[2016年6月9日 木曜日 早朝小雨のち曇り
七回目の書道は、杜甫の七言古詩「飲中八仙歌」の説明とお稽古

http://keico.exblog.jp/22853968
2016年5月26日 木曜日 晴れ お習字
六回目のお習字の午後はドクダミに送られて

http://keico.exblog.jp/22810266
2016年5月12日 木曜日 晴れ
二週間に一度の書道は、今夜は六時からだった。
前回に続いて、
杜甫の詩、七言絶句<飮中八仙歌>の最初の八仙賀知章の下りを行書でお稽古。
<知章騎馬似乘船>
(八仙の一番目は)賀知章のことで、(酔って馬に乗れば)船に乗っているのに似ており、
ゆらゆらと揺れ 、、。
こういう感じで書の原点を学びながらのお習字のお稽古はとても楽しい。

http://keico.exblog.jp/22764522/
書道四日目の後はミッドナイトイントウキョウ
2016年4月28日 木曜日 曇り後小雨 お習字

http://keico.exblog.jp/22722933/
2016年4月14日 木曜日 晴れ
まだ明けきれぬ日の出時間前にオナガがやってきます 

http://keico.exblog.jp/22646521/
2016年3月24日 木曜日 雨のち曇
午前中は病院、夕方からは<書道>の二回目、夜は魚にワイン

http://keico.exblog.jp/22596326/
2016年3月10日 木曜日 雨 のち曇り
染めと織りのお教室の後は、古希の手習いで再び書道を

http://keico.exblog.jp/22476467/
2016年2月15日 月曜日 曇り
久しぶりに墨や硯の世界に遊んで、、、


by pretty-bacchus | 2016-11-30 23:59 | ♠Art&美術,詩歌,展覧会,お稽古 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://keico.exblog.jp/tb/23436052
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by nanahan at 2016-12-04 20:16 x
このせわしない世の中に、ゆっくり墨をすって筆を走らせるのは最大の
良い教養あるドーラクでしょう。
Commented by pretty-bacchus at 2016-12-04 20:36
nanahanさん、連れ合いの先輩が、たいそうな先生でして、友人のサロンのような場所で
月に二回のお稽古です。
何十年ぶりのお稽古はなんとも楽しいものですね。

名前
URL
削除用パスワード


<< 新しくも今年最後の月<師走>に...      晩秋の一日は長い一日でした >>