雪の妙高高原から帰りました。東京もまもなく雪の予報
2016年11月23日 水曜日 雪の妙高高原にて

 一夜明けたらシャンシャンと雪が降っていた。
ゆっくりと遅い朝食をいただいて道を渡った。
傘の上にシャリシャリという音がする。きっと霙のような雪なのだろう。
a0031363_4341730.jpg
(二階の部屋から雪景色を)

a0031363_2302628.jpg


a0031363_2305622.jpg


a0031363_2243667.jpg
(はくたかが入ってきた)

 軽い昼食をご一緒させていただいて、丁寧にお見送りをいただきおいとました。
雪の道を四十分で北陸新幹線の妙高高原駅へ。
最終便の切符をとってあったので、五時十七分のはくたか570に変更。
車内は満席。後ろのほうに置いた荷物が気になっていたが、うとうとして
一時間五十分で東京駅着。

 今年のボージョレヌーヴォーの全ての会が終わって、さすがに疲れがでた。
さてさて明日はゆっくりできるかしら?
by pretty-bacchus | 2016-11-23 23:59 | ♢Journey inJapan国内旅の記録 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://keico.exblog.jp/tb/23402130
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by nanahan at 2016-11-26 08:17 x
雪の妙高は良かったでしょう。3週間前に愚生どもは戸隠~~斑尾にいましたから~~
Commented by pretty-bacchus at 2016-11-27 20:05
nanahanさん、一転して雪の朝でした。清らかな美しさでした。

名前
URL
削除用パスワード


<< 江戸味噌文化研究会「江戸の処方...      今年最後のシャトー・ドゥ・ピゼ... >>