ようやくお墓参りができて平河山法恩寺さんへ
2016年11月20日 日曜日 晴れたり曇ったり お墓参り

 ようやく時間ができてお墓間入りができた。
錦糸町の駅では、マリオネットに大勢の観客が遠巻きになっていた。
なんとなくパリに日常に似ていて、、、、懐かしい〜〜〜。

a0031363_0523914.jpg


 墨田区にある平河山法恩寺さん。黄葉がきれいな午後だった。
このお寺の開基は太田道灌公で、道灌公が江戸城築城(一四五八年)にあたり丑寅の方に
城内鎮護の祈願所として本住院を建立とある。
もともとお城から近い平河町あたりにあったのが、その後本住院を法恩寺と改称されて
この地に移されて現在にいたっているようだ。
秀吉や家康も小憩されて朱印地も与えられたの記録もあるという。
太田道灌公の古い大きな墓石三つも奥の奥にある。

a0031363_0541379.jpg


a0031363_0544436.jpg


a0031363_0551912.jpg
(本堂の後ろには634メートルのスカイツリーが鎮座してしまっている)

 道灌が鷹狩の際に俄雨にあったときの山吹伝説は有名で、このエピソードを表わした歌碑が立てられ、
道灌公が弓をたづさえ左側に膝まづいて山吹の枝を差し出す少女の場面が彫られた大きな石像が
やまぶきやぼたんや季節の花に囲まれて立っている。

<七重八重花は咲けども山吹の実の(蓑)一つだになきぞかなしき>
(後拾遺1154)
a0031363_0565241.jpg
(画像をクリックして大きくするとその絵がみられます)

 墓石に花を添え線香をあげて、心から頭を垂れてご無沙汰を詫びた。

#IMAGE|a0031363_0573393.jpg|201611/23/63/|mid|504|724#]



#IMAGE|a0031363_058323.jpg|201611/23/63/|mid|924|617#]




 四時にKさんと待ち合わせ。
あれよあれよと話がすすんで、夢のようなことになりそうだ。
感涙にむせんだ一夜だった。

 いろいろの手続きのため、明日の妙高高原のS邸は、私一人でいくことになった。
九十四歳の御大が私を待ってくれている! いかずばなるまい。

 〜〜〜〜〜〜〜〜
http://keico.exblog.jp/22637622/
2016年3月22日 火曜日  晴れ お墓間入り
未明にアップルスペシャルイベントをライヴで見て、午後はお墓参りに

http://keico.exblog.jp/21561017/
2015年8月16日 日曜日 晴れ
お盆の頃の東京の空は澄んでいる

http://keico.exblog.jp/21040728/
2015年3月22日 日曜日 晴れ
お彼岸のお詣りは、鬼平犯科帳<尻毛の長衛門>の法恩寺さんでした

http://keico.exblog.jp/20242490/
2014年9月28日 日曜日 晴れ
数日遅れのお墓参りで法恩寺さんへ

http://keico.exblog.jp/19363393/
2014年1月18日 土曜日 晴れ
池波正太郎の「鬼平犯科帳」と「日曜日の万年筆」

http://keico.exblog.jp/14931452/
平成24年3月25日(日) 晴
法恩寺にお墓参りの午後でした

http://keico.exblog.jp/19049120/
2013年11月24日 日曜日 晴れ
紅葉の平河山法恩寺さんへお墓参りに

http://keico.exblog.jp/16846605/
2012年11月21日 水曜日 晴れ
五千歩をめざして秋の墓参り
by pretty-bacchus | 2016-11-20 23:59 | ♡Daily life日々の事など | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://keico.exblog.jp/tb/23384837
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by nanahan at 2016-11-23 09:13 x
法恩寺のご住職さまのお人柄はとても良いですね。なんどかお目に掛かって感にいりました。
また、鬼平の舞台が近い!!
Commented by pretty-bacchus at 2016-11-25 02:43
nanahanさん、こんばんは。
ご住職さまは本当に良い方ですね。歴史あるお寺さんを守って行かれるのはとても大変な
ことでしょうね。
鬼平の舞台が近い!! そうなのです!

名前
URL
削除用パスワード


<< 晩秋の妙高高原へ北陸新幹線でで...      人生至る処青山あり! は、ボー... >>