ボジョレ・ヌーヴォー2016 解禁!BEAUJOLAIS NOUVEAUX 2016 SONT ARRIVÉS
2016年11月16日 水曜日 曇り その二a0031363_22572757.gifa0031363_21252852.gif
a0031363_519046.gifボジョレ・ヌーヴォー2016 解禁!BEAUJOLAIS NOUVEAUX 2015 SONT ARRIVÉS
午前零時にボジョレ・ヌーヴォー2016 解禁!

a0031363_19402296.jpg


 昨日の疲れが残ったまま、午後はS氏邸へ。
一度帰宅して、ご近所やドクターにボージョレヌーヴォーをお届け。
みなさん毎年心待ちにいていてくださって皆んな笑顔笑顔! 嬉しいな!
ヴァレットの岡田さんさんにもお届けしてにこにこニコニコ!

 夕方からは銀座の<懐食みちば>さんへ。
明日のボージョレヌーヴォーの振る舞いの宵のためにシャトー・ドゥ・ピゼイの十五リットルの樽割り
ワインの樽をあけるのは難しいので、お店のソムリエさんの他に別のお店のソムリエだんも
いらしていて賑やかな樽割り儀式となりました。

a0031363_19461779.jpg


a0031363_1936298.jpg

(広いお部屋に入る手前右にはカウンターバーがある道場六三郎さんのお洒落な和食やさん!)
(カウンターが傷つかないように布を敷いてから、、、とクロスを敷いて、、、)
a0031363_19373255.jpg
(横の小さなコルクを抜いて、蛇口をつける、、、、慣れた連れ合いが木槌でこんこん!)
とんとんと木槌で蛇口を差し込む、力加減がむずかしいのだ)
a0031363_19382431.jpg
(上の太いコルクを抜くと、ここから空気がはいって、下の上戸をひねるとワインがでてくるというわけ)
a0031363_19385987.jpg

 どうぞお食事を、、、とおすすめくださったのですが、辞退させていただいて、
タクシーを飛ばして、四谷の今年の樽割りに参加。
秀さんのお店は二十一周年でにぎやかな一時。
お客様からの豪華がお花や、お嬢様からの優雅で控えめなお花がきれい。
常連さんがすでに集まっていて十一席のカウンターは満席。

a0031363_19492153.jpg

a0031363_19502957.jpg

a0031363_1951040.jpg
(オーナーシェフの秀さん!ハーポーズ〜〜〜!)

不景気な時こそお祝儀相場があがるとう今週初めに市で130万円がでたという、せいこがにをいただいて、
特別にお肉も用意して下さって、、、、ありがとう!

a0031363_19573580.jpg

a0031363_19581182.jpg(せんぼうしの牡蠣も美味!)

a0031363_1958585.jpg
(選りすぐりの刺身たち)

a0031363_19594771.jpg


a0031363_2002749.jpg
(常連さんのKさん、一昨年はワインレッドのお着物でしたね!)

 真夜中の帰りには、今年初めて樽の行事をする蕎麦処さくらぎさんに酔って(いや寄って)樽割りの伝授。
こうして伝えていくのがいまの私たちの役目かもしれません、、、、ね。

 途中で、シャトー・ドゥ・ピゼイでは、大切に育てられたガメイ酒の葡萄は完熟を待ち手積みされて
醸造所に運ばれる。
普通ワインは房などをとってから発酵タンクに入れられるのだが、ヌーヴォーを造るときは
そのまま投げ入れれ、密閉された発酵槽のなかで葡萄の重みで、やがて一番下の方のぶどうの実が潰れ、
果汁が出て醗酵がはじまる。
充満した自然の炭酸ガスにより細胞膜が破壊されるまで四~五日、年によっては十日程かかり、
その後果実は破砕して果汁のみ発酵され、静かなる熟成の時を経て葡萄酒となる。
この方法は伝統的に自然を重んじてのマセラシオン・ボジョレー(マセラシオン・ナテュラーレ)と
呼ばれている。
(一般的に大手が行っているマセラシオン・カルボニック<炭酸ガス充填法>では、炭酸ガスを人為的に
密閉タンクの中に充填して、てっとり早く二〜三日で醗酵するので、香も味わいも違ってくるのですよ)
という説明もちゃんとしながら、、、、

a0031363_2013754.jpg
(オーナーシェフの中嶋さんが一生懸命にみている、、、、)

a0031363_2023297.jpg
(最初の一滴を二人でそっとグラスに受けて、、、)

a0031363_2033239.jpg
(カウンター六席テーブル十二席の小さな蕎麦処なのに、最初の年に大きな樽を置くことを決めたら、
毎日予約で満席なのだそうです)

 それにしても真夜中すぎまでの儀式は少々辛く、オフィシャルな行事が行われている
レセプションは欠席。
もうそれで宵のですね、、、いえ良いのですねと、二人でなっとくして夜道を家路にふらふらと、、、、。

 明日は、朝一で病院。
夜はN先生のオフィスでの二十人の会にお招きをうけていて嬉しやこまったやら、、、、でもそうしている内が花なのでしょうね!

a0031363_2052620.jpg
(これってなんでしょう〜〜? 土手の道で月と黄葉を撮ったつもりなのですが、、、酔ってましたね〜〜!)

 ~~~~~~~~~ このブログの中のいろいろ、〜〜〜〜〜〜〜

http://keico.exblog.jp/23368336/
2016年11月13日 日曜日 晴れ
シャトー・ドゥ・ピゼイのボージョレヌーヴォー2016が着きました

http://keico.exblog.jp/23360035/
2016年11月11日 金曜日 雨のち曇り
自然を重んじてのマセラシオン・ボジョレーのシャトー・ドゥ・ピゼイのヌーヴォー

http://keico.exblog.jp/22022298/
2015年12月28日 月曜日 晴れ
月夜の晩に、町の<火の用心若衆>と<ほろ酔い女>

http://keico.exblog.jp/21939383/
2015年12月16日 水曜日 曇り
昭和一桁生まれのダンディーな男性が旅立ちました

http://keico.exblog.jp/21917843/
2015年12月9日 水曜日 晴れ 
ノーベル賞ウィークが始まり、今夜はシャトー・ドゥ・ピゼイの樽でNの会

http://keico.exblog.jp/21895461/
2015年12月2日 水曜日 曇り
黄葉深くなり冷えてきた夜は牡蠣とクエで

http://keico.exblog.jp/21887490/
2015年11月30日 月曜日 晴れ
今年最後のシャトー・ドゥ・ピゼイの樽割は妙高高原にて

http://keico.exblog.jp/21874950/
2015年11月25日 水曜日 氷雨
氷雨の夜にシャトー・ドゥ・ピゼイのボージョレヌーヴォー

http://keico.exblog.jp/21862168/
2015年11月20日 金曜日 曇りのち雨
雨の夜は、友人達からのお礼のメールに乾杯!

http://keico.exblog.jp/21860124/
2015年11月19日 木曜日 
ボジョレ・ヌーヴォー2015 解禁!BEAUJOLAIS NOUVEAUX 2015 SONT ARRIVÉS

http://keico.exblog.jp/21683091
2015年9月25日 金曜日 雨
最新情報: BEAUJOLAIS NOUVEAU 2015 & シャトー・ドゥ・ピゼイのボージョレヌーヴォー

http://keico.exblog.jp/21808571/
2015年11月4日 水曜日 晴れ
的矢、舞鶴、壱岐の牡蠣、三陸の岩牡蠣、厚岸湾の昆布森、仙鳳趾の真牡蠣

http://keico.exblog.jp/21683091/
2015年9月25日 金曜日 雨
最新情報: BEAUJOLAIS NOUVEAU 2015 & シャトー・ドゥ・ピゼイのボージョレヌーヴォー

http://keico.exblog.jp/21573148/
2015年8月22日 土曜日 晴れ 暑さ再来
友はモルディブへ、私は東京で1973年と1981年のタヒチへの旅の思い出

http://keico.exblog.jp/21427797/
2015年7月8日 水曜日 曇りのち雨
雨が続き家内で前世紀の京都通いのことなどを思い出して

http://keico.exblog.jp/20843286/
2015年2月2日 月曜日 晴れ
如月の寒い夜には人生の大先輩のお話をうかがって

http://keico.exblog.jp/20393498
2014年11月16日 日曜日 晴れ
2014年シャトー・ドゥ・ピゼイのボージョレ・ヌーヴォーは秀逸のミレジム! 

http://keico.exblog.jp/20385117
2014年11月14日 金曜日 晴れ
シャトー・ドゥ・ピゼイのボージョレ・ヌーヴォー2014
窓辺に置いて光のうつろいを時々カシャカシャしながら一日が終わった。
a0031363_103840.jpg



http://keico.exblog.jp/20386382
2014年11月12日 水曜日 雨のち曇り 
2014年のシャトー・ドゥ・ピゼイのボージョレ・ヌーヴォーは秀逸のミレジム! 

http://keico.exblog.jp/19038187/
2013年11月21日 木曜日 晴れ
ボージョレヌーヴォーの解禁日に思い出にふけって
a0031363_21252852.gif

http://keico.exblog.jp/18964598/
2013年11月13日 水曜日 曇り後晴れ
シャトー・ドゥ・ピゼイのボージョレヌーヴォーが 日本に無事着いた。

http://keico.exblog.jp/18915765/
2013年11月3日 日曜日 曇り
シャトー・ドゥ・ピゼイのボージョレヌーヴォー2013

http://keico.exblog.jp/16814290
2012年11月15日 木曜日 晴れ
ボージョレヌーヴォー騒動が終わって、、、

http://keico.exblog.jp/16810705
2012年11月14日 水曜日 晴れ
Le Beaujolais Nouveau du Château de Pizay est Arrive !

http://keico.exblog.jp/16611785/
2012年10月15日 月曜日 晴れたり曇ったり
2012年のシャトー・ドゥ・ピゼイのボージョレ・ヌーヴォーはとても女性的 !

http://keico.exblog.jp/16168737/
2012年9月10日 月曜日 曇のち晴れ
黄金桃とシャトー・ドゥ・ピゼイのボージョレ・ヌーヴォー2012

八月までの模様はhttp://keico.exblog.jp/15904967/
2012年8月2日 木曜日 猛暑日
シャトー・ドゥ・ピゼイのボージョレ・ヌーヴォー2012

http://keico.exblog.jp/15563308/
2012年6月11日 月曜日 曇り
四ッ谷界隈のお寿司屋さんでは樽を割る。
a0031363_14173587.gif
Chateau de Pizay 

a0031363_1110397.jpg
 (すき焼きの銘店、ホテルニューオオタニ内の「岡半」さんで、Nov,2010)

http://keico.exblog.jp/13856866/
2011年10月20日 木曜日 晴れ
陶酔する2011年のシャトー・ドゥ・ピゼイのボージョレ・ヌーヴォー

http://keico.exblog.jp/13355446/
2011年8月23日 火曜日 曇り
試写 Sony NEX-5 + CarlZeiss Planar50mmF1.4 T*

http://keico.exblog.jp/9087905
2009年10月10日 土曜日 のブログ
光陰矢のごとし、シャトー・ドゥ・ピゼイのボージョレヌーヴォーと共に





http://keico.exblog.jp/9005601
2009年9月22日 火曜日のブログ
2009年のボージョレヌーヴォーは、歴史的なミレジムになる条件がそろっている

http://keico.exblog.jp/7679385/
2008年11月20日 木曜日 晴れ
ボージョレヌーヴォー解禁。

http://keico.exblog.jp/7650717/
2008年11月10日 月曜日 晴れ
寒風に 酔眼朦朧 月も揺れ 

http://keico.exblog.jp/4689152/
2006.11.15 水曜日 曇り
ボージョレに杯を重ねていくとしぞ
#IMAGE|a0031363_401683.jpg|200611/16/63/|mid|680|408#] 
 シャトー ドゥ ピゼイの樽を24時に開けて乾杯!
(九年前はこんなに若かった!)

http://keico.exblog.jp/21683091/
2015年9月25日 金曜日 雨
最新情報: BEAUJOLAIS NOUVEAU 2015 & シャトー・ドゥ・ピゼイのボージョレヌーヴォー


by pretty-bacchus | 2016-11-16 23:59 | ♥Wine & Dineワイン&食事 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://keico.exblog.jp/tb/23376701
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by nannahan at 2016-11-20 18:31 x
ワインという文化のまさに伝道師ですね。安直には頂けませんね。感にいりました。
Commented by pretty-bacchus at 2016-11-23 01:06
nannahanさん、ありがとうございます。
四十年以上ということは、我ながら感無量の感ありです。

名前
URL
削除用パスワード


<< BEAUJOLAIS NOUV...      白鵬が通算千勝を達成おめでとう... >>