雨模様の中を銀座まで子羊づくしをいただきに
2016年11月2日 水曜日 曇り後雨

 朝からヒヨドリたちが借景の木木に遊んでいた。

a0031363_0503656.jpg


 日はスッカリ短くなって、六時半にはもう暗くなっている。
タクシーに三人で乗ればそんなに変わらないのに、どういうわけか銀座へ出るには都バスに乗る。
一番後ろの席は四段も高いから、半藏門をまがって皇居のお堀の水がずっと下までみえるのが好きだし、
夜になると遠くのビルの光が水に映えてとてもきれいに光っているのがなんとなく楽しいのだ。
十五分の車窓の旅気分になるのかもしれない。

 四丁目で降りて少し銀ブラ!で七丁目まで。
友人の紹介で、銀座のこの会員制の子羊のお店におじゃまするのもこれで四回目となった。
カウンター七席個室四席の十一席のお店は、北海道純血サフォーク専門店。

 豊かな自然に恵まれた北海道の由仁町の静かな山間部で飼われていて
放牧地は化学肥料を一切使わず、牧草と自家配合飼料での飼養で、
水はきれいな川までくみに行っているのだという。
オーナーシェフは先週末に北海道にまたいらしたようでお話しをうかがうことが出来た。

 “いただきます。そして、ごめんなさい、、、今夜は小さい命をいただいてしまいます、、、と
心で詫びて、、、、。

今日も塩とレモンでいただくタンからはじまって、内モモ、カタ、ヒレ、レバーなど希少部位を
そしてお野菜もカボチャ、北海道コーン、葱、もやしといろいろいただいて、最後はイクラご飯。
今夜のワインは、コンテルノファンティーニのバローロ2001。
アメリカのワイン雑誌の<ワインスペクテイター>で、九十九点をとったことのある銘酒。
立ち上る香りに全員ほ〜〜^! 優しさの中に奥深さが膨らんで、優しい子羊との相性は
抜群のよう。
 
 雨になった銀座をタクシーを求めて四丁目近くまで。
こうして元気に食べて飲んで、歩けることに感謝の一夜でした。
ありがとうございました。

a0031363_053976.jpg


a0031363_0533855.jpg


a0031363_0541297.jpg


a0031363_0545221.jpg


http://keico.exblog.jp/23278572/
2016年10月9日 日曜日 小雨のち晴れ
北海道産純血サフォーク羊のフルコースをいただきました

by pretty-bacchus | 2016-11-02 23:58 | ♥Wine & Dineワイン&食事 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://keico.exblog.jp/tb/23338487
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by nanahan at 2016-11-07 15:06 x
こういう贅沢は大人ならではのモノでしょうね。
Commented by pretty-bacchus at 2016-11-08 03:35
ナナハンさん、いえいえ、、、私ももうお終いにしようと思っているのですが、、、、。


名前
URL
削除用パスワード


<< 文化の日はダラダラと沈思黙考で      早や十一月、霜月に心騒いで、、、 >>