松川玉堂先生の十五回目のお習字の日、孟浩然の「春暁」
2016年10月27日 木曜日 曇り 十五回目のお習字の日

 松川玉堂先生の十五回目のお習字の日が来てしまった。
家ではなにもできないままに二週間はあっというまにきてしまう。
先々週お手本を書いていただいた孟浩然の<春暁>はいっときもお稽古ができていない。

a0031363_16481445.jpg

 孟浩然の「春暁」

     春眠暁を覚えず
      処処啼鳥を聞く
       夜来風雨の声
        花落つること知る多少



http://keico.exblog.jp/23291023
2016年10月14日 金曜日 晴れ
初めての半切の書、孟浩然の五言絶句「春暁」をながめて

http://keico.exblog.jp/23289894/
2016年10月13日 木曜日 曇り お習字
初めての半切の書は、孟浩然の五言絶句「春暁」

 先生がお着きになってから、まずお話ししたのはこのブログ内でコメントいただいたことについての報告。

< Commented by kuni at 2016-10-18 04:48 x
初めまして。
亡き父の記事を拝見しました。
父がやってきた事が見え、誇りに思いそして嬉しかったです。
涙が出そうでした。
本当にありがとうございます。
これから毎日、更新楽しみにさせて頂きます。
よろしくお願いします。


最近年配の方について書いたのは、松本芳翠先生のことだけなので、
きっとそのご家族に違いないと思ってコメントへの返事を書いた。
Commented by pretty-bacchus at 2016-10-19 12:56 x
kuniさま、おはようございます。
ブログをご覧いただきありがとうございました。
先人のご苦労あってのご成果が後世に遺っていき文化の一端をになっていくということは素晴らしいことですね。
そしてそれを享受できる今の世の中をありがたいと思います。
どうぞ今後ともよろしくお願いいたします。

↓のブログに関してなのでしょう、、、と松川先生にプリントしてお渡しした。

 
a0031363_22345333.jpg


a0031363_2247712.jpg
(天地玄黄 宇宙洪荒 日月盈昃 辰宿列張)


http://keico.exblog.jp/23276027/
2016年10月7日 金曜日 晴れ
昭和三十六年発刊の松本芳翠の<草書千字文>をヤフオクで落札
<<ネットですこし関係書類をみていたら、
松川玉堂先生の師匠の松本芳翠先生が<草書千字文>を昭和三十六年にだしていることがわかり、
その元本がヤフオクに出ているのを見つけてビットしておいた。
三千円でおちて今日送られてきた。中古だが丁寧にあつかわれていたのだろう。
とてもきれいな状態で、さっそくにぱらぱら、、

なんとも流麗で美しいその書の運びに感嘆。
前々回のお習字のときに、松川先生は松本芳翠さんの最晩年のお弟子さんで、往時のことをお話しくださった。
楷書、行書、草書とどんな難い詩文も見事な作品にしあげ、特に草書では華麗な一作に創り上げて
しまわれる方だったという
<<<

松川先生はとても驚いていらして、ブログというものの力にもびっくりなさっていらした。
恩師松本芳翠先生のご子息にkuniさんという方はいらっしゃらないそうなので、
きっとハンドルネームなのでしょう。

 今日の二時間はもっぱら来年の会のための<春暁>の五言絶句の二十字を二文字ずつのお稽古。
ちゃんと書けたと思ったのには直しが沢山入って、これはダメと思ったのには三十丸!
なかなか難しいものですね。

#IMAGE|a0031363_22345333.jpg|201610/09/63/|mid|484|724#]





 楷書が得意なS子さんは別のお稽古で、連れ合いにはまた新しい一枚をお書きくださった。

 来月二回のお稽古で、十二月の最初のお稽古の日に提出することになった。
どうなりますやら、、、、。

 でもこの年になってこうしてお稽古したものが、上野の国立博物館に展示されるというのは、
なんだか面はゆくも嬉しいものですね。

小学校六年生の時に何人かが選ばれて上野の美術館まで書き初めを書きにいったことがありましたね。
遠い昔の思い出です。

a0031363_2105324.jpg


a0031363_2113338.jpg


a0031363_2121299.jpg


a0031363_2123562.jpg


More>>>書道のお稽古の記録



MoreMore>>>書道のお稽古の記録

http://keico.exblog.jp/23277038/
2016年10月8日 土曜日 曇りのち夕焼け
<第十九回書海社同人選抜展>で松川玉堂先生の『秋風引』を観る

http://keico.exblog.jp/23276027/
2016年10月7日 金曜日 晴れ
昭和三十六年発刊の松本芳翠の<草書千字文>をヤフオクで落札

http://keico.exblog.jp/23239888/
2016年9月22日 木曜日 雨のち曇 書道の日
十三回目のお習字は、<千字文>の内から<仁慈隱惻 造次弗離>

http://keico.exblog.jp/23212278/
2016年9月8日 木曜日 曇りのち夕方豪雨
アップルワールド>錦織圭テニス>十二回目の書道>大雨の坂下門外へ

http://keico.exblog.jp/23160245/
2016年8月25日 木曜日  晴れ お習字 大川や
十一回目習字は初唐の三体大家一人虞世南の <禪林句別集>の一節<景福降聖徳遠>

http://keico.exblog.jp/23108744
2016年8月13日 土曜日 晴れ お盆の迎え火
十回目のお習字は楷書の配置と草書のお手本

七月十四日の九回目のお習字はまたブログがかけていません。
(靖国神社へ)
http://keico.exblog.jp/22939256/
2016年6月23日 木曜日 雨のち曇り お習字の日
八回目の書道は、杜甫の「飲中八仙歌」のうち道逢曲車口流涎

http://keico.exblog.jp/22894545/
[2016年6月9日 木曜日 早朝小雨のち曇り
七回目の書道は、杜甫の七言古詩「飲中八仙歌」の説明とお稽古

http://keico.exblog.jp/22853968
2016年5月26日 木曜日 晴れ お習字
六回目のお習字の午後はドクダミに送られて

http://keico.exblog.jp/22810266
2016年5月12日 木曜日 晴れ
二週間に一度の書道は、今夜は六時からだった。
前回に続いて、
杜甫の詩、七言絶句<飮中八仙歌>の最初の八仙賀知章の下りを行書でお稽古。
<知章騎馬似乘船>
(八仙の一番目は)賀知章のことで、(酔って馬に乗れば)船に乗っているのに似ており、
ゆらゆらと揺れ 、、。
こういう感じで書の原点を学びながらのお習字のお稽古はとても楽しい。

http://keico.exblog.jp/22764522/
書道四日目の後はミッドナイトイントウキョウ
2016年4月28日 木曜日 曇り後小雨 お習字


http://keico.exblog.jp/22722933/
2016年4月14日 木曜日 晴れ
まだ明けきれぬ日の出時間前にオナガがやってきます 

http://keico.exblog.jp/22646521/
2016年3月24日 木曜日 雨のち曇
午前中は病院、夕方からは<書道>の二回目、夜は魚にワイン

http://keico.exblog.jp/22596326/
2016年3月10日 木曜日 雨 のち曇り
染めと織りのお教室の後は、古希の手習いで再び書道を

http://keico.exblog.jp/22476467/
2016年2月15日 月曜日 曇り
久しぶりに墨や硯の世界に遊んで、、、


by pretty-bacchus | 2016-10-27 23:59 | ♠Art&美術,詩歌,展覧会,お稽古 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://keico.exblog.jp/tb/23327152
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
削除用パスワード


<< 偲び雨、崇仁親王殿下の薨去に頭...      富士山初冠雪の日に相模湾の日の... >>