晩秋の宵に水谷八重子さんと久しぶりに長い間お話しした
2016年10月19日 水曜日  曇り 

 晩秋の歩道はなぜか悲しいが、時には美しい。

a0031363_1856559.jpg


 先だって水谷八重子さんと久しぶりに長い間お話しした。
昔はよく真夜中に電話で話した時代があって、話題はMac本体のことが多かったが、
今回はiPhoneのこと、そして音声入力のsiriチャンのこと。
相変わらず女二人がITの話題!

http://keico.exblog.jp/2124653/
2005.07.25
夏の宵 熱女二人の マック狂

http://keico.exblog.jp/2163794/
2005.8.11
失明の危機を脱した2001年の手術の思い出
(八重子さんの知りあいにお願いして病室にMacを買った思い出)

http://keico.exblog.jp/3707157/
2006.06.07 水曜日 晴れ 暑し
友人の猫とマックに(八重子さんのお宅に)

http://keico.exblog.jp/4045268/
2006年7月31日 月曜日 午前05時20分
狂女演ずる 水谷八重子さん
a0031363_6443386.jpg
 (狂女を演じる八重子さん。しかしうまいですね〜^^!)

 季節がらなのでシャトー・ドゥ・ピゼイのボージョレヌーヴォーのことにも及んで、
十年ほどまえから何度か開かれたピゼイと共に八重子さんのディナーショーを思い出している。

http://keico.exblog.jp/15076526/
2012年4月16日 月曜日 晴れ
水谷八重子さんバースディディナーショー<歌は私のミニドラマ>

http://keico.exblog.jp/8187057/
2009年4月16日 木曜日 晴れ水谷八重子ディナーショー ON BIRTHDAY,良重は歌う
a0031363_018373.jpg
(越路吹雪さんからのプレゼントのヒカリモノ=お魚のイヤリングと指輪は、あがらないおまあじない? 
記念日にあわせて紫色のマニュキュアと隠れたお洒落が光っている)


http://keico.exblog.jp/9284625/
2009年11月20日 金曜日 曇り
水谷八重子さんは酒の神バッカスを演じたのでしょうか

http://keico.exblog.jp/7690772/
2008年11月25日 火曜日 曇り後雨
「水谷八重子のディナーショー、良重は唄う懐かしのポップス、八重子は唄う新派の世界」

http://keico.exblog.jp/7635198/
2008年11月5日 水曜日 晴れ
「水谷八重子のディナーショー良重は唄う懐かしのポップス、八重子は唄う新派の世界

http://keico.exblog.jp/6478727/
2007年11月23日 金曜日 晴れ
天高き青空あおぎ風邪癒えり<<八重子さんのディナーショー

http://keico.exblog.jp/6464765/
2007年11月20日 月曜日 曇のち雨
「ボージョレヌーヴォーの樽を割って、水谷八重子、良重時代の懐メロを唄う夕べ」
a0031363_1432916.jpg
一枚だけアップしましょう、、、

http://keico.exblog.jp/20287952/
2014年
2014年のシャトー・ドゥ・ピゼイのボージョレヌーヴォーは秀逸

 そしてもちろんブログの話!
八重子さんももう十年もブログを書いていらっしゃる。
最初の頃はすこしお手伝いしたが、その後はタイトル画面もサイドバーも季節に合わせて換えたり、
そしてなによりも内容は新派のお芝居のことなど彼女ならではのいろいろでファンを楽しませてらっしゃる。

最近は、作詞家であり越路吹雪のマネージャーとしても活躍なさった岩谷時子さんの
「自薦百詞集・人生はすぎゆく」の中の<第七章 水谷八重子さんを偲んで>に書かれている新派関係の
十作品について書き留めていらっしゃる。

http://funnygirl.exblog.jp/23543023/
13 Octのブログ
人生はすぎゆく・あたしはいけない女でしょうか

それでも、この10作品は、越路吹雪大先輩の為でもない。
加山雄三さんの為でもない。ピーナッツの為でも勿論無い。
新派の私、新派と水谷良重に書いて下さったものに違いないのだ。
やっぱり、このブログにしっかり書き留めておこう


= 金色夜叉より、、、女には恋
= 幸せってなにさ
≠ 新派川口松太郎作 「鶴八鶴次郎」より
= 滝の白糸より。
などなど、私たちでは出来ない世界を語っている。

ブログという存在が、ここ十年で大きく変わってきているのだ。

 そして、、、、、

http://funnygirl.exblog.jp/10715146/
2010-01-29 21:28
素敵な、そして悲しい、写真です

 薬師寺での八重子さんが「三蔵法師」を演じた荘厳な儀式も忘れられない。
2004年の5月5日に行われた、奈良の薬師寺の玄奘三蔵会大祭の祭事で、
天理大の雅楽部による幻の天平芸能といわれている「伎楽」で「三蔵法師」が無言で演じられたのだ。
二十数年前に天理大学の雅楽部が、NHKの委嘱により復元演奏に努めた天平の伎楽曲。
薬師寺さんの依頼で新伎楽「三蔵法師」に取り組み、
平山郁夫画伯の壁画完成で玄奘三蔵院が完工した記念の年に、片岡仁右衛門丈が三蔵法師を演じられ、
その後何人かの方が演じておられるが、が女性は初めてで、女性が演じる玄奘三蔵に、
ため息があちこちから聞こえたのが、昨日のことのように想い出されている。

http://keico.exblog.jp/7406279/
2008年8月17日 日曜日 雨
雨の日曜日に旅の思い出にしたる<八重子さん薬師寺で
a0031363_8112532.jpg


a0031363_819255.jpg

  (新派の水谷八重子演じる新伎楽「三蔵法師」)


 八重子さんのお芝居も唄も一昨年までずっと撮らせていただいていたので、記録はこのPの中に
沢山あるす、ブログでもずっとアップしてきた。
右サイドバーの検索に<水谷八重子>と入れてクリックするとまだまだいろいろ出てきますね、、、、。

 〜〜〜〜〜〜〜〜〜
追記;洋装の八重子さんは

http://keico.exblog.jp/7180540/
2008年6月5日 木曜日 
新派120年記念舞台の『鹿鳴館』の水谷八重子さん


a0031363_675490.jpg

(このドレスは数十年前に初代が鹿鳴館の景山朝子を演じたときに、細野先生が創られた衣装で、
今ではその金襴の生地は作れないという。八重子さんは大事にそういう衣装も継承している)

http://keico.exblog.jp/6700473/
2008年1月20日 日曜日 晴れ
新派120年記念 初春新派公演「新玉の寿」「女将」

a0031363_0111993.jpg



by pretty-bacchus | 2016-10-19 23:59 | ♥Person父母,師友人,人生の宝物 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://keico.exblog.jp/tb/23308251
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by funny-girly at 2016-10-23 13:34
敬子さん!
光栄です!懐かしいお写真の数々。
ああ、ヌーボーの時期に、お忙しい時期に、
有り難うございます。明日唄う歌、ちょこっとフランス語が出てくるけど難しい!
頑張りっております。相も変わらず、、、。
Commented by pretty-bacchus at 2016-10-23 18:22
funny-girly こと八重子様
なけてくるようなコメントをいただきありがとうございました。

八重子さんのお芝居も唄も一昨年までずっと撮らせていただいていたので、記録はこのPCの中に沢山ありますし、ブログでもずっとアップしてきています。
右サイドバーの検索に<水谷八重子>と入れてクリックするとまだまだいろいろ出てきますね、、、、。

明日と明後日は東京にいないので、お手伝いできなくてごめんなさい。


Commented by nanahan at 2016-10-24 04:33 x
写真の威力というのはこのような記録のことを言うのでしょう。
まさに記録のすばらしい機能発揮ですね。
Commented by pretty-bacchus at 2016-10-25 04:28
ナナハンさん、ブログにだけ発表してきましたが、十数年続くと素晴らしい記録となりましたね!

名前
URL
削除用パスワード


<< 血液検査、CT、マンモグラフィ...      三菱一号館美術館の<Bo... >>