血液検査でまたCRPの値が異常に高い
2016年9月21日 水曜日 雨 病院

 雨に濡れて土手の道の猫じゃらしが揺れ、曼珠沙華はあたまをたれていた午後一に、、、。

a0031363_540207.jpg


a0031363_5375097.jpg


a0031363_5414451.jpg


 そして、診察室の入るなり、、、、
“具合が悪いようですね、、、”
“は〜、、、はい、先生、おわかりになるのですね”
“どうぞお座り下さい、、、、”
ほんの数十分前に採血した結果がプリントされていた。
“CRPがとても高いです。風邪気味ですか?”
“え〜〜と今月初めくらいから、体だだるくて、とても疲れやすくなって、、、
咳も時々出たりしていますが、、、、”

“先生、、、肝臓の数値がどうでしょうか、、、、”
少し高くなっていますね、、、、
グラフにしてくださったのをみると、ASTもALTも二月からどんどんあがってきている。
“尿検査をしておきましょう、、、もう一度二階のおりてください”
四階からおりて、検査室でカップをもらって隣のお手洗いに。小さなガラス戸をあけてカップをおいて、
また四階へ。
その間にも汗ぐっしょりになってハーハー言いながら四階の消化器センターの消化器外科へ。
まもなくまた名前が呼ばれてY先生の診察室へ。
Y先生は名医と言われていて、いつも大勢の人が待っているのだが、今日は数人だけだった。

数ヶ月前から背中一面が時々痛く、時には胸のあたりが痛むことは、この科でも訴えてあった。

今年初めての病院で
http://keico.exblog.jp/22355339/
平成28年2月1日(月) 曇り後小雪のち曇り
病院>フジフィルムスクエアー>粟ぜんざい>ヤリイカオンパレード

七月の時にも乳腺センターのU先生にうったえたが、
何も検査をせずに、“ダイジョウブデショウ”を繰り返されただけ、、、
http://keico.exblog.jp/23027244/
BYOIN>>BIYOIN>>BYOIN>>HOME>>DOWN
2016年7月21日 木曜日 雨 病院>>美容院>>病院>帰宅>ダウン

どうしてよいかわからず、
“どちらの先生に検査をお願いしたらよいのでしょうか、、、”と私は必死でうかがった。
今はこの病院と、眼科はT医大だけ。
大きな大学病院ではセンター毎とか科によって連携が悪いことがあると聞いている。
ほんのしばらく考えた先生は、“わかりました。これからは私があなたの事を詳しく調べましょう。
早速ですが、胸のレントゲンと心電図とを、とってきてください。その後に秒検査のために
もう一度採尿をしてください”
“え〜〜?これからでよろしいのでしょうか?”
時間はすでに四時半を過ぎていた。

 最近は134列とかいうCTを一年に一度だけだったのだので、レントゲンと心電図も数年ぶりだった。
その数年の間に、心電図はあのべたべたのゼリー状のものをつけないでよくなっていた。
医学機器の進歩は凄い早いのだ。
ほんの十数分で結果がでた。
レントゲンは異常なし、心電図は不整脈が時々でているようだが、この位は私の年齢では普通の人では
あたりまえのようだ。
採尿の結果は、三週間後に再来することになった。
先生は、最後までお薬を迷っていらしたのは、CRPの値のこと。
実はいままで何度かCRPが高くなって、その度に抗生物質を数日とると数字は下がっていた。
そのことも先生に話したが、結局今回はお薬は何もでなかった。
三週間後にもう一度採血で様子をみるのだろう。

 血液検査でのCRPの値CRP(C-reactive protein)C反応性タンパクといい白血球の関係らしい。
 体内で何らかの原因で炎症が起きている時、血液中で増加するタンパク質のことで、
ウイルスや細菌などに感染すると一気に増える。

以前ネットで調べたことがある。
C-reactive protein
急性期タンパク(急性相反応物質)
組織障害や感染が起きると、2~3日以内にタンパクを初めとする血漿成分が変化します。
この血漿成分の変化を急性期反応と呼び、このような変化を示すタンパクを『急性期タンパク』と呼びます。
血液1デシリットル中0.6ミリグラム未満が、正常値。ウイルス感染、ガン、膠原病では
同10ミリグラムまで、重症の細菌感染症やリウマチでは同20ミリグラム程度、敗血症では
同30ミリグラムに達することもある。
悪性腫瘍、心筋梗塞、脳梗塞の危険性もある。


 〜〜〜〜
 実は、
右サイドバーの下の方の<最新の記事>の次に<記事ランキング>にあるように、
このブログの記事アクセスで毎日トップにあるのは、いつも七年前のブログで、
毎日何十人もの人が見ているようだ。

http://keico.exblog.jp/8834036/
2009年8月19日 水曜日 晴れ 暑い
血液検査でのCRPの値(C-reactive protein)が異常に高い

この日に書いているが、
「20」以上はかなりヤバイ
「30」以上は死にそう
「40」を超えた人もいましたが、やはり、残念な経過となりました。

その前には、
“このママ放置したら、腸に穴があき人工肛門になってしまいますよ!といわれて
入院したことがある(別の病院だが)
2002年のことでした
白血球が異様に高く、CRTが14,6(聞いたこともないアルファベット!炎症マーカーなのだそうだ)
基礎数値がマイナス0.4とかなので、この数字は異常。かなり強い炎症とのこと。
入院して点滴しましょう。と、いうわけであれよあれよという間に入院患者になってしまったのでした。

http://keico.exblog.jp/751284/
27 July 2004 火曜日
蝉の声日の出の時を告げて鳴く(2002年入院の記録)

 原因は? 『ストレスと暴飲暴食と不規則が生活と、、、』と言われて、“先生わかりました。
それなら私はピッタリです!。と答えたことをお吠えているが、結局、
そのあたりから乳癌の芽は出始めていたのだろう。

 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 三週間後の検査日は十月十二日だが、その時までCRPが下がっているかどうか少しだけ心配。
せめて規則正しい生活をするようにこころがけましょう。

 結局終わったのは六時半で外は暗くなって、東京タワーには灯がはいっていました。

a0031363_539122.jpg



 〜〜〜〜〜〜〜〜〜
http://keico.exblog.jp/12018237/
2011年1月28日 金曜日
病得て外も内にも空っ風(乳癌の宣告)
(自覚症状はなかったのに、2010年の十月に、浜松のふくみ先生の個展でのホテルで、
家康の城をみながらの就寝の時にT先生が夢枕に現れての注意してくださったのだ。
その夢のお告げで、病巣があきらかになっての早期発見だったのだ。

(詳しくは上のブログに記録してある)

http://keico.exblog.jp/12017558/
2011年1月28日 金曜日
地方の病院に出かけたのだが、、、

 やはり、気になったのか入院数日前には、
過去のフォトエッセイストとしての記録を整理しはじめたのです。

http://keico.exblog.jp/12129258/
2011年2月16日 水曜日 晴
過去のフォトエッセイストとしての記録

http://keico.exblog.jp/12129347/
2011年2月17日 木曜日 曇り
いつかゆく西方かなた朧月

http://keico.exblog.jp/12140968/
2011年2月18日 金曜日 雨のち晴、又雨
春寒し入院前夜爪を切る

 そして東京の病院へ入院して手術となったのでした。

http://keico.exblog.jp/12146763
2011年2月19日 土曜日 くもりがち
入院は東京タワーの見えるお部屋に

http://keico.exblog.jp/12149059/
平成23年2月20日(日) どんよりと曇り
春の闇ムンクの叫びうごめいて

http://keico.exblog.jp/12151015/
平成23年2月20日(日) 曇り 第三信
<月の癒し>ヨハンナ・パウンガー/トーマス・ポッペ著

 皆さんからのコメントに感涙して、、、の三日目でした
http://keico.exblog.jp/12154138/
平成23年2月21日(月) 入院三日目
平成23年2月21日(月) どんよりと曇っている朝

http://keico.exblog.jp/12174024/
2011年2月22日 火曜日 入院四日目 手術の翌日
入院四日目 手術の翌日

http://keico.exblog.jp/12165884/
平成23年2月23日(水) 入院五日目 午前七時です
入院五日目 午前七時です。

http://keico.exblog.jp/12168983/
2011年2月23日 水曜日 
日没後の東京タワーをベットから
きれいな朝 入院五日目 手術三日目 

http://keico.exblog.jp/12184640/
2011年2月24日 木曜日 
入院六日目 手術四日目 
雨の朝、、、入院六日目 手術四日目 

http://keico.exblog.jp/12188217/
2011年2月25日 金曜日 入 手術五日目 春一番
入院七日目 手術五日目 春一番

http://keico.exblog.jp/12190496/
2011年2月26日 土曜日 入院八日目 手術六日目に一時退院

春暁や友あり治癒力膨らみて

http://keico.exblog.jp/12198030/
2011年2月27日 日曜日 晴 手術七日目に/a>
春の夢目覚めてみればタワーなく

 そしてこの十一日後に3:11の東北関東大震災が起こり、
母が帰宅難民になっても迎えにいかれなかったのでした。

http://keico.exblog.jp/12262979/
2011年3月11日 金曜日
東北地方太平洋沖地震>>東日本巨大地震の日に

http://keico.exblog.jp/12267950/
2011年3月12日 土曜日 晴
東北地方太平洋沖地震>>東日本巨大地震の翌日に

http://keico.exblog.jp/12270555/
平成23年3月13日(日)  晴
東日本巨大地震>>東北関東大震災三日目に

 そして、その二ヶ月後には、なんとノリさんのご厚意に甘えて、
根尾の宇野千代ゆかりの淡墨桜を拝し撮りにいったのでした。
なんというオプティミストか? あるいはペシミストか!

http://keico.exblog.jp/12424698
2011年4月15日 金曜日 曇り
岐阜の淡墨桜を観に行くことになりました。

http://keico.exblog.jp/12424719/
2011年4月16日 土曜日 雨のち晴 その一
宇野千代のあの根尾の淡墨桜を観に出発

a0031363_6362323.jpg
(2011.04.16 am0808 最初の一枚の撮ってだし。 左の奥にお社がみえる)

http://keico.exblog.jp/12448082/
2011年4月16日 土曜日 根尾の淡墨桜への旅 その二
根尾村の淡墨桜を訪ねて〜その二

http://keico.exblog.jp/12452997/
2011年4月16日 土曜日 根尾の桜から京都へ その三
根尾村の淡墨桜を訪ねて〜その三



by pretty-bacchus | 2016-09-21 23:59 | ★Hospital 病院、病い、お洒落 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://keico.exblog.jp/tb/23237705
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 郁子 at 2016-09-24 17:14 x
敬子さん、曼珠沙華がどうのこうのとはしゃいでいたので、
今日のブログはとてもショックでした。
CRPというのは、通常の健診ではやりませんね。
インフルエンザとか膀胱炎とかの時には検査項目に入ってきます。
一つの目安にはなるんですね。
何年か前、その数値がとても高く心配していたら、何週間後の検査では
ころっとよくなっていた事を思い出します。
今回もそうだといいですね。
先日頂いたメールの時刻は夜明け前の4時でしたのでびっくりしました。
2時3時は当たり前・・・これが一番体にはよくないのでは?
敬子さんは何時寝てらっしゃるのだろうと、心配しているのです。
寝不足なんですよ。それにブログだってどんなにか時間と労力を要していることか・・・
基本的に凄いバイタリティのお方とは思いますが、
過労になっていらっしゃるんだわ。どうぞご自分をお大切になさって下さいね。
Commented by nanahan at 2016-09-25 20:30 x
お大事になさってください。写真教室を辞められたのは正解です!!!
Commented by pretty-bacchus at 2016-09-26 01:56
郁子さん、こんばんは。まだ二時前です。
今日はそろそろ寝ることにいたしますね。

いつもブログをご覧くださりこうしてご心配くださり、ほんとうに感謝しています。

今回は入院を断って家へ帰った感じなので、かなり気をつけることにいたしますね。
ありがとうございました。


Commented by pretty-bacchus at 2016-09-26 01:57
nanahanさん、お帰りなさい!

写真教室を辞めたことを、ななはんさんにそうおっしゃっていただきホッとしています。

名前
URL
削除用パスワード


<< 十三回目のお習字は、<千字文>...      曼珠沙華、彼岸花、幽霊花、狐花... >>