雨の夜にただ一隅に咲いていた曼珠沙華
2016年9月19日 月曜日 曇りのち雨 

 雨の夜の土手の道にただ一株咲いていた曼珠沙華

a0031363_4301390.jpg




by pretty-bacchus | 2016-09-19 23:58 | ◐Nature空,海,夕陽,緑花,鳥蝶 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://keico.exblog.jp/tb/23228027
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by おばさま@北海道・大沼国定公園 at 2016-09-20 11:08 x
曼珠沙華は秋のお彼岸を知らせるように咲いてくれますね。
自生の北限が秋田あたりまでなので北海道では見られません。
在京中は巾着田(埼玉県)や日向薬師(神奈川県)まで撮りに行きました。
田んぼの畦に赤く咲く彼岸花と黄金の稲を撮るのが好きでした。
白馬当たりの田んぼも畦道は秋桜やフランス菊で曼珠沙華は
見られませんでした。
Commented by 郁子 at 2016-09-20 13:58 x
このひと叢の曼珠沙華は勢いがあって素敵ですね。
同じ土手道であっても、日照や諸々の条件で、
花の色、活力に違いが出るんですね。
それにしても、夜の曼珠沙華って、やはり何となく妖しさがあります。
小さな白い点々は雨粒ですね。とってもよく撮れてます。
Commented by pretty-bacchus at 2016-09-20 22:00
おばさま@北海道さま、こんばんは。

自生の北限は秋田県なのですね。なんだか残念なような気がしますね。
植生では札幌で開花しているそうですね。

巾着田には一度言ってみたいと思っていますが、なかなかかなわないのです。

そちらでは黄金の稲の季節ですね。
ブログを拝見するのを楽しみにしています。


Commented by pretty-bacchus at 2016-09-20 22:03
郁子さん、ありがとうございます。

数日前に楚々としたあの色でしたのに、この夜は見事に花開いていたのです。

雨に濡れながらの一枚でしたが、これは少しトリミングしています。
全体像はまもなくアップいたしますね。

Commented at 2016-09-21 17:05 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by nanahan at 2016-09-25 20:33 x
平安時代にシナから運ばれたこの救荒植物が、なぜか本場よりのさばって咲いていますね。
名前
URL
削除用パスワード


<< 曼珠沙華、彼岸花、幽霊花、狐花...      丸子橋で多摩川を渡って向こうの町へ >>