バリの素敵なご家族におあいして、バリワインの試飲を
2016年8月31日 水曜日 晴れ バリからの方々

 いろいろ重なって午前中はばたばた。
先週お目にかかったKさんの長年のお知り合いがインドネシアのバリから来日なさった。
http://keico.exblog.jp/23114338/
先週お目にかかったKさん

午後に、ニューオータニでお目にかかって数時間おはなしをした。
大財閥の奥様とお嬢様で、五年ほど前からご趣味でワイン造りを始められ、
最初のヴィンテージをリリーズしたので、ぜひ日本へ出したいとのこと。

 とても素敵なお二人だが、私は毒舌をはいてしまった。
バリで良い葡萄が出来るのですか? 暑いインドネシアで清潔な畑なのですか? 
エトセトラ、、、エトセトラ。
それらの質問にさわやかに答えられていらしたお二人はほんとうに素敵だった。
先月にパリで行われた試飲コンペで三番をとったと喜んでいらした。
本業は従業員が何万人もいる堅いお仕事のようで、ワインはあくまでも個人のパッションで始めた
というのだから、スケールが違う。

a0031363_2385337.jpg


a0031363_2393244.jpg

#IMAGE|a0031363_240795.jpg|201609/05/63/|left|703|470#](おかあさまはお隣でにこやかに)

#IMAGE|a0031363_2412769.jpg|201609/05/63/|right|924|617#]

 ともかく試飲をしてみなければと、先週にお預かりしたワインをKソムリエさんとAさんで、
サクラギさんの奥をお借りしてワインにあうようなおつまみをつくっていただいての数時間。
白、ロゼ、赤二種類。白は温度を変えてみてといろいろ試飲。
どの葡萄の品種も今までの私たちが知らなかったものばかり。
三人は世界中のワインを飲んでいるし、そこそこの知識も味覚もあると自負していたのだが、
なかなかむずかしい試飲となりました。
(日本のワインも含めてアジアのワインを勉強する必要があるのかもしれません、、、)

a0031363_2433139.jpg


 さて、どんなふうにレポートをしたらよいものかと、、、。
日本で最晩年をすごし息子さんに新しいお仕事を託されていきたいと、
すでにワイン輸入の免許もおとりになられているKさんにささやななお手伝いができればと思うのだが、
どんなふうにしたらよいのだろう、、、と悩みながらま夜中に帰宅。

 疲れ果ててバタンきゅう〜〜〜!


by pretty-bacchus | 2016-08-31 23:59 | ♥Wine & Dineワイン&食事 | Trackback | Comments(3)
トラックバックURL : http://keico.exblog.jp/tb/23191339
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by nanahan at 2016-09-05 07:47 x
ま、あ、かのインドも「お釈迦様の名前のワイン」がありますし、

パキスタンだって、ワインがあってそこそこ飲めます。
日本も30年前は甲府のサドヤを除けばぼろくそでしたね。
Commented by pretty-bacchus at 2016-09-12 02:38
ナナハンさん、こんばんは。
お釈迦様の名前のワインがあるのですか!
ちょっと味わってみたくなりますね、、、、。

Commented by pretty-bacchus at 2016-09-12 02:38
ナナハンさん、こんばんは。
お釈迦様の名前のワインがあるのですか!
ちょっと味わってみたくなりますね、、、、。

名前
URL
削除用パスワード


<< 早や長月、そして今日は月のない...      青とピンクの朝顔と夜のピンクの... >>