青い朝顔と共に巴里からの友ありて
2016年8月26日 金曜日 晴れ さん 

 午前五時、ミンミンゼミが鳴き始めた。
天気予報によると、三十三度湿度は九十八%だという。

 生き残った朝顔は蔓をのばして、あちこちに最後の花をつけている。
カネノナルキにまとわりついた青の朝顔がなんとも切なく美しい。

 夕方にパリからの友人が訪ねてくれて一緒に食事。
三十年来の友というのはなんとも嬉しい!

a0031363_22281595.jpg


a0031363_394382.jpg
(ガラス越しに、、、)


by pretty-bacchus | 2016-08-26 23:59 | ♡Daily life日々の事など | Trackback | Comments(3)
トラックバックURL : http://keico.exblog.jp/tb/23161364
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by nanahan at 2016-08-29 07:21 x
朝顔が元気で良かった~~これで秋まで持ちます。
Commented by nanahan at 2016-08-31 08:09 x
もう40年も昔、インドのラジャスタンの砂漠の土侯のお宅に宿泊、軒先にこのインド朝顔が
まるで、御所の御簾のように下がって咲いていたのを思い出します。
Commented by pretty-bacchus at 2016-09-01 02:21
nanahanさん、素晴らしい旅をしていらっしゃいますね!

インドはとうとうゆっくりと行かれませんでした。

名前
URL
削除用パスワード


<< <オルセー美術館特別協力 生誕...      十一回目習字は初唐の三体大家一... >>