大川英児さんの蕎麦処<大川や>が神楽坂に新しいお店を!
2016年7月20日 水曜日 曇りのち小雨 歯医者さん、大川やさん  (遡って、、、)

 九段の歯医者さんの帰りにはいつも手打ちそばく九段大川や>さんに寄っていた。
今日は歯医者の予約時間がいつもより早かったので、その前に軽んでランチ。

http://keico.exblog.jp/21312676/
2015年6月3日 水曜日 雨のち曇り
歯医者さんのあとKちゃんと大川さんの酒、肴、蕎麦をいただきに 

http://keico.exblog.jp/19535433/
2014年3月4日 火曜日 晴れたり曇ったり
久しぶりの大川やさんでお蕎麦の舌鼓

 その大川英児さんが、先週新しいお店を神楽坂に出された。
十五年たった市ヶ谷九段の「手打ちそば 大川や」はお弟子さんにまかせて、
大川やさんご自身がカウンターに立つ蕎麦処!を神楽坂の一軒家にオープンなさったのだ。

 お爺さまがうどんの徳島、草加のおせんべいやさんがご実家の彼が、突然蕎麦の神様に召されて
上京して二十数年。
「本陣房」という老舗手打ち蕎麦やで数年修行のあと、更に修行を重ねて、三十歳の時にだされたのが
九段の<大川や>さん。
靖国通り裏の奥まった小通りのこの店は、またたくまにプロも食通も通う店となり現在にいたっていた。

<蕎麦の美味しさを沢山の人に味わってもらいたい。そのためには廉価であることが大事な条件だ>との
考えで、味と値段の絶妙なこだわり蕎麦屋である。

 蕎麦前には日本酒で前菜小鉢やお造りや生ものをいただき、最後は蕎麦という粋な食事を堪能できる。
旨い皿と旨い酒。十割蕎麦のそのしなやかな腰のよさは見事!
「酒飲まずして蕎麦屋に入るなかれ、、、、蕎麦屋好きだった作家池波正太郎の有名な言葉だそうだが、
大川さんが選んだ珠玉の酒もまた肴!
そして蕎麦料理に新しい工夫や創作を生み出しつづけ、多くのファンを魅了してきた。
タモリさんが<笑っていいとも>収録のあとにはいつもいらしていたとか、、、。

 私たちが通い出したのはオープンして間もなくの十数年前で、何度もこのブログで書いている。

(moreにいろいろ、、、、大川やさんのこのブログ内いろいろは下記へ)

 二十席に満たないこの店は、十五年の間に小上がりが出来、カウンターを造ったり、何度か改装をして、
去年には、店の前面の花処だった場所に石臼を移して、そこで蕎麦を打っていた。

a0031363_2315231.jpg
(2015年6月3日に、エントランスはすっかり変わって、右側にはガラスに囲まれた小さなお部屋ができて、
蕎麦粉をひく石臼と、蕎麦打ちの場所が!)
(その日使う分だけの蕎麦の素を石臼にて自家製粉しているのだから、、、美味しいはずですね!
 
 機が熟したとでも言うのだろうか。あるいは蕎麦の神様の采配か!
堀を挟んだ向こう側の神楽坂の坂を上った中程の一角に一軒家がみつかり、お蕎麦やさんをという
大家さんのたってのご希望で、数ヶ月の内装改築を終わり先週にオープンしたというわけだ。
a0031363_539526.jpg


 ガラガラとくぐり戸を開けると小さな土間。ここで靴を脱ぐ。
お祝いの胡蝶蘭や花々が一杯におかれた一階は二人掛けの席が二卓。

a0031363_5412367.jpg

 数段あがると一面に板場が広がっていた。
肌触りのいい栃の木のカウンターには肘掛けのあるコンフォタブルな椅子が六席。
奥には台所もかいまみられる。

a0031363_5421087.jpg
(六人揃えば、このカウンターを貸し切り状態にできるのです!)

a0031363_5425679.jpg(カウンターからエントランスを見る)


“おめでとうございます。いよいよですね、、、
“ありがとうございます”。さっそくとりあえずビールで乾杯!
(ここにはお酒だけでシャンパンもワインもないのです。お酒も九段のお店に比べると
数種だけになっていました)
メニューもコースと追加の数品だけで、蕎麦前としての板わさ、鳥わさ、玉子焼など。

九段のお店とは少し違うことを匂わせたら、
“蕎麦処ということにしましたので、、、”と大川さんご自身は納得のご様子。
メニューには九段時代のお造りなどがないのですが、それはちゃんとコースの中にでてきました。

 今夜のお皿は蕎麦前には小鉢が五点、
オカラから始まり、ふき、板わさ、生ものは赤貝、途中で小さい茶碗蒸しもでてレパートリーは豊か。

a0031363_5444781.jpg(まずオカラから)

a0031363_5453882.jpg(季節のフキ)

a0031363_546374.jpg(湯葉と生わさび)

a0031363_5484243.jpg(追加で板わさを)

a0031363_549303.jpg(さらに追加で鴨! 美味!)

 これで酒を飲まないわけにはいかないでしょう、、、。
菊政をいただいたら、すてきな木の徳利とお猪口。

a0031363_5503799.jpg

(このお猪口は口紅が付かないとか)


 目の前の大鍋で大川さんが揚げてくれる天ぷら!

(さあ、これから天ぷらです。 織部焼の感じのお皿に大根おろしも)
a0031363_5532682.jpg


最初の生しらすの大葉包みから始まり、季節の天麩羅が三〜四点、
揚げ具合抜群でどれもこれも美味しく、九段のお店ではその手元をみられなかった技も堪能!
お酒は当然二本目の徳利! そして三本目へ!

a0031363_5562198.jpg
(生しらすの大葉巻き、美味しい〜〜!)

a0031363_55905.jpg

最後は東京湾の「活き〆江戸前穴子天」 衣はさくさく中はふっくらと一匹ままの天ぷらで締め。

ここで終わりで、次は打ちたての蕎麦のはずなのですが、なんと私たちは最初からもう一度
おかわりをお願いしたのです。
店主もビックリ、私たちもビックリです!

 そして最後は打ちたての蕎麦。
さすがにこちらは一人前にしましたが、お隣のお客様はおかわりをしていました。

a0031363_69495.jpg(かわゆい茶碗蒸しも)

a0031363_634848.jpg


a0031363_655755.jpg(最後は蕎麦湯をいただいて、、、)
(右の小窓から、彼は下の階のお客様の様子がみられるようです)

a0031363_644484.jpg

 (明日は検査の日なのに、三本目のお酒も空にして、最後はデザートに最中いりのアイスクリームを
いただいてようやく終わりに)


 二階に四席と二席の二卓あって、お手洗いも二階。
少し急な回り階段でおりるのがよろよろ、、、もう酔っていたのでしょうか?

a0031363_615638.jpg


(二階のお席で店のお品書きをカシャッ。大川さんがが自筆で書いています)
a0031363_616890.jpg

 
   板わさ、天種、玉子焼き
   今日は升酒にするか
     燗でもつけるか
   蕎麦やならではの
     思案酒
   どうぞごゆるりと
     お過ごしください。


a0031363_617216.jpg

a0031363_6173516.jpg


 一階に四席、カウンターが六席、二階は六席と全部で十六席だが、おそらく満席にはしないでしょう。
朝の出勤時に靖国通りを歩く大勢のサラリーマンを見て、「あの人達に美味しい蕎麦を食べさせたい」と、
お蕎麦の美味しさを、沢山の人に味わってもらうには、廉価であることが大事な条件だと
考えていいるそうだから値段はおさえたまま!
(これでは経営は大変だろうな、、、って心配になってしまう、、、、)
 
 すてきなお店ができたものです!
タクシーを使ってでも行ってみたいお店。
ミシュラン的に言うと、<わざわざ回り道をしても訪ねる価値のあるお店>=イコール、
それは三つ星というわけです!

 嬉しいやら困ったやらの感激の一夜でした。
お祝いの花々が自然消滅して、大川やさん本来の野草の楚々とした花入れの花がお店の自然となる頃には
予約を取るのがむずかしいお店となっていることでしょう。

 (最後のお客にならないように気をつけて、おいとまを、、、、、、)

a0031363_6224397.jpg
(大川さんに送られて、、、、)

 まだ、グーグル検索では、このお店のことは出てきませんし、食べログにもありませんので、
このブログをアップすると、友人達がすぐにかけつけるでしょうね。
九段のお店も、豊橋とか京都から友人が訪ねたそうですし、東京のIさんは何度行ってもまだ試食が
おできになっていないようなのです。

 いずれにしてもぐ予約がすとれなくなってしまうでしょう。
今のうちにアニヴァーサリーの予約をいれておかねば、、、、、、。


 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

More>>大川やさんのこのブログ内いろいろ(古い順に)

http://keico.exblog.jp/3768521/
2006.06.19 月曜日 晴れ 暑し
海山の友の便りよ実りあれ


http://keico.exblog.jp/5793101/
2007.06.26 火曜日 曇り、雨
夏蕎麦も友と語らい味深し 

http://keico.exblog.jp/5823767/
2007.07.03 火曜日 一日曇り
オーナーの大川英児さんと、すごいギターの話がデザート!

http://keico.exblog.jp/6167560/
2007.09.14 金曜日 晴れ
月なくも 虫の音と一緒 散歩道

http://keico.exblog.jp/6980400/
2008年4月6日 日曜日 晴れ
散る花の誘いに惹かれ夕陽追い ✿ฺ´☆`✿ฺ

http://keico.exblog.jp/7272307/
2008/07/03 Thu 晴れ  暑い一日だった
真夏日も 友の輪が呼ぶ 涼風や

http://keico.exblog.jp/7450024/
2008年9月1日 月曜日 晴れのち曇り雨
日常茶飯事となった青天の霹靂

http://keico.exblog.jp/7682948/
2008年11月22日 土曜日 はれ
大川やさんで岸部眞明さんのアコースティックギターの夕べ

http://keico.exblog.jp/7879345/
2009年1月30日 金曜日 雨
友と酒雨の週末春を呼び

http://keico.exblog.jp/8039595/
2009年3月6日 金曜日 雨
春宵一刻 女二人で沈沈とふけてゆく

http://keico.exblog.jp/8143340/
2009年4月4日 土曜日 曇り時々晴れ、夜半雨
桜花 市ヶ谷見附まで ✿ฺ´☆`✿ฺ

http://keico.exblog.jp/8169633/
2009年4月11日 土曜日 晴れ
夕陽を追いながら花絨毯と戯れて ✿ฺ´☆`✿ฺ
 
http://keico.exblog.jp/8943525/
2009年9月9日 水曜日 曇り
重陽の節句にお蕎麦とワインと日本酒で

http://keico.exblog.jp/9290710/
2009年11月21日、土曜日 曇り
岸部眞朗さんのサロンコンサート
a0031363_92136.jpg
(休憩時間にお客様と話す大川さんを隙間から盗み撮り?)


http://keico.exblog.jp/19535433/
2014年3月4日 火曜日 晴れたり曇ったり
久しぶりの大川やさんでお蕎麦の舌鼓
a0031363_19243224.jpg


http://keico.exblog.jp/19718818/
2014年4月24日 木曜日 晴れ イタリア文化会館
イタリア文化会館で「文学の町、トリエステ」の講演にでかけました

http://keico.exblog.jp/20270123/
2014年10月7日 火曜日 晴れたり曇ったり
Fujifilm X-T1にFUJINON XF10-24mm とNikon D7100にTamron16-300mm

http://keico.exblog.jp/20784369/
2015年1月21日 水曜日 雨  歯医者
霙ふる寒い一日の最後は大川やさんで蕎麦割烹

http://keico.exblog.jp/21312676/
2015年6月3日 水曜日 雨のち曇り
歯医者さんのあとKちゃんと大川さんの酒、肴、蕎麦をいただきに 


 〜〜〜〜〜〜〜〜
新宿区神楽坂6-25
03-3269-5011
11:00~14:00 / 18:00~22:00 日曜定休
禁煙





http://keico.exblog.jp/3768521/
2006.06.19 月曜日 晴れ 暑し
海山の友の便りよ実りあれ


More>>大川やさんのこのブログ内いろいろ(古い順に)

http://keico.exblog.jp/5793101/
2007.06.26 火曜日 曇り、雨
夏蕎麦も友と語らい味深し 

http://keico.exblog.jp/5823767/
2007.07.03 火曜日 一日曇り
オーナーの大川英児さんと、すごいギターの話がデザート!

http://keico.exblog.jp/6167560/
2007.09.14 金曜日 晴れ
月なくも 虫の音と一緒 散歩道

http://keico.exblog.jp/6980400/
2008年4月6日 日曜日 晴れ
散る花の誘いに惹かれ夕陽追い ✿ฺ´☆`✿ฺ

http://keico.exblog.jp/7272307/
2008/07/03 Thu 晴れ  暑い一日だった
真夏日も 友の輪が呼ぶ 涼風や

http://keico.exblog.jp/7450024/
2008年9月1日 月曜日 晴れのち曇り雨
日常茶飯事となった青天の霹靂

http://keico.exblog.jp/7682948/
2008年11月22日 土曜日 はれ
大川やさんで岸部眞明さんのアコースティックギターの夕べ

a0031363_20361465.jpg
(ISOを3200の倍に上げて試写。今夜は、D90をもっていったが、
D300との違いを見せつけられることになった。
モノラルだが、トークあり、チューニング入りと、臨場感一杯の記録となった。

http://keico.exblog.jp/7879345/
2009年1月30日 金曜日 雨
友と酒雨の週末春を呼び

http://keico.exblog.jp/8039595/
2009年3月6日 金曜日 雨
春宵一刻 女二人で沈沈とふけてゆく

http://keico.exblog.jp/8143340/
2009年4月4日 土曜日 曇り時々晴れ、夜半雨
桜花 市ヶ谷見附まで ✿ฺ´☆`✿ฺ

http://keico.exblog.jp/8169633/
2009年4月11日 土曜日 晴れ
夕陽を追いながら花絨毯と戯れて ✿ฺ´☆`✿ฺ
 
http://keico.exblog.jp/8943525/
2009年9月9日 水曜日 曇り
重陽の節句にお蕎麦とワインと日本酒で

http://keico.exblog.jp/9290710/
2009年11月21日、土曜日 曇り
岸部眞朗さんのサロンコンサート
a0031363_92136.jpg
(休憩時間にお客様と話す大川さんを隙間から盗み撮り?)


http://keico.exblog.jp/19535433/
2014年3月4日 火曜日 晴れたり曇ったり
久しぶりの大川やさんでお蕎麦の舌鼓
a0031363_19243224.jpg


http://keico.exblog.jp/19718818/
2014年4月24日 木曜日 晴れ イタリア文化会館
イタリア文化会館で「文学の町、トリエステ」の講演にでかけました

http://keico.exblog.jp/20270123/
2014年10月7日 火曜日 晴れたり曇ったり
Fujifilm X-T1にFUJINON XF10-24mm とNikon D7100にTamron16-300mm

http://keico.exblog.jp/20784369/
2015年1月21日 水曜日 雨  歯医者
霙ふる寒い一日の最後は大川やさんで蕎麦割烹

http://keico.exblog.jp/21312676/
2015年6月3日 水曜日 雨のち曇り
歯医者さんのあとKちゃんと大川さんの酒、肴、蕎麦をいただきに 



by pretty-bacchus | 2016-07-23 23:20 | ♥Wine & Dineワイン&食事 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://keico.exblog.jp/tb/23036782
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 郁子 at 2016-07-27 01:10 x
「大川や」さんが神楽坂に新しいお店を出された由、嬉しい!
何しろ九段はアクセスが私的には不便ですし、
ついでに立ち寄るというわけにもゆかず、
地図はいまだハンドバックの中でくしゃくしゃになりながら収まっているのです。
神楽坂なら街そのものも九段よりは知っていますし、
その内ぜひトライしますね。
ただ美味しそうなセット料理はボリューム的に無理です。
それをお代わりなさるなんて信じられません。
私は大好きな天ぷら蕎麦一人前で満腹です。
ご紹介有難うございました。
Commented by pretty-bacchus at 2016-07-27 04:42
郁子さん、そうでしたね、何度もお訪ねになられているのに、またお召し上がりになられていないのですね。

メニューのことは、次回に聞いておきますね。
お昼とかでしたら、大丈夫なように思いますで、、、、
いずれにしてももう少ししてからの方が良いと思います。

Commented by nanahan at 2016-07-27 05:00 x
贅を尽くすのは、選ばれた大人のみに許されたささやかな贅沢なのでしょう。
心身ともに「贅を尽くした」一夜ですね。
Commented by pretty-bacchus at 2016-07-29 04:17
ナナハンさん、こうした江戸っ子的若者が、庶民の贅沢をまもっていってくれるのは、
とても嬉しいことですね、、、、
名前
URL
削除用パスワード


<< 週末は朝顔と借景の木々に癒されて      一日中雨がふっていて、朝顔が切... >>